私たちにふさわしいスタイルは?「リゾートで素敵」を真剣に考える! 五選

2018年4月15日
念願のリゾートなのに、妙に若づくりになったり、逆に地味になりすぎたり。そんな大人の悩みを解消するヒントを、リゾートの達人、髙橋みどりさんさんにインタビュー。「リゾートで素敵」をかなえるスタイリングとモノ選びをエクラが提案します。
髙橋みどりさん
株式会社Oens イメージング ディレクター。ブランドや企業のPR、マーケティング、商品・店舗プロデュースをはじめ、原稿執筆やセミナー講師などで活躍中。新刊『おしゃれ更年期なんて言わせない! 大人の「人モテ服」』(光文社)など著書多数。

1.黒のオールインワンで朝のひとときも手を抜かない

私たちにふさわしいスタイルは?「リゾートで素敵」を真剣に考える! 五選_1_1
一枚で様になるオールインワンはリゾート地に重宝するアイテム。一枚あると便利なフードつきパーカは肉厚のコットン素材で着回しやすいロング丈をチョイスすれば大人っぽく。小物は高級感あるセレクトを心がけて。
「一日に何度も着替えるのがリゾートの楽しみ。プールやビーチ、ショッピングや美術館、ディナーやパーティなど、シーンに合わせて、だいたい一日3〜4回は着替えています」(高橋さん)
パーカ¥27,000/WEST(ブルーバード ブルバード) オールインワン¥34,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ブレスレット¥8,500/ユナイテッドアローズ 銀座店(フィリップ オーディベール) 時計¥510,000/日本ロレックス(ロレックス) バッグ¥87,963/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) 靴¥22,000/ebure(コルソ ローマ ノーヴェ)

What's New新着記事

  • 大人カジュアルに華を効かせる「フレッシュUPの赤リップ」 五選

    例えば、仲のいい女友だちとカフェ・ランチ、軽やかにおしゃれしてサロンでヘアカット、気軽な仲間と週末ドライブ旅行……。カジュアルシーンをフレッシュアップする赤を一本。

    eclat五選

    2019年3月22日

  • 大人に効く。今どき「しゃれ見えメガネ」 五選

    一本のメガネから、おしゃれの新たな可能性が見つかる。いつもの着こなしに、今っぽさが加算される。年齢に伴う顔の変化で、むしろ似合うメガネの幅は広がっていく。これは楽しんだほうが勝ち!

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 着るだけで映えるのは“色だけ甘い”セミスイート・トップス 五選

    春の花を思わせるスイート色といえば、ピンク、ピーチ、イエロー、ラベンダー。リップやシャドウに使うカラーが大人をきれいに見せてくれる。形は甘さ抑えめに。着なれたシャツやシンプルな形のニットなら取り入れやすいはず。

    eclat五選

    2019年3月20日

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

    eclat五選

    2019年3月18日

FEATURE
ランキング