華組 成田千恵ブログ
華組 成田千恵

成田千恵

ファッションが大好き。自分らしく、その日一日を気分良く過ごせるように日々のお洒落を楽しんでいます。愛用しているベースとなるアイテムに新しいものや個性的なものを取り入れて、日々のリアルなコーディネートを少しずつ皆さんにご紹介し、一緒にファッションを楽しめたら嬉しいです。

Instagram:Cherie.style

スペインMAGNANNIの紳士靴

メンズファッションも大好きな私ですが、メンズファッションのお洒落の決めてはやはり靴ではないでしょうか。 今、伊勢丹新宿店メンズ館地下一階の紳士靴売り場で、スペイン、マグナーニの靴の実演販売が行われています。工場責任者ミゲルさんが自ら実演販売に来日。 彼のハンドフィニッシュの芸術的な色入れを見ることができます。
スペインMAGNANNIの紳士靴_1_1
ちょうどこの靴をオーダーしたお客様が見ていらしたので、少しお話を。自分の好きな色にその場で塗ってもらえるんです。靴底まで‼︎とても喜んでおられました。
この写真はミゲルさんがお客様のオーダーにより、青とパープルに色入れをしているところ。踵の部分を青に塗っていたので、お客様が「そこはパープルにとお願いしたんだけど。」と言われ、ミゲルさんは「隣の青と馴染ませるため、一度青に塗ってさらに黒を塗って、色を抜いてパープルを入れて行くんだよ。」と。色をグラデーションに深い色出しで仕上げて行くことを説明されていました。本当に芸術です。

この状態で塗り始めてから1時間半。
塗り終わるまでには3時間はかかるそうです。

スペインMAGNANNIの紳士靴_1_2
スペインMAGNANNIの紳士靴_1_3
注目していただきたいのがこちら。革がメッシュに編まれている?型押し?と思いきや、描かれているんです。これにはたくさんのお客様が驚かれていました。

スペインMAGNANNIの紳士靴_1_4
スペインMAGNANNIの紳士靴_1_5
スペインMAGNANNIの紳士靴_1_6
一番上の真っ白な靴に色を入れて行きます。デザインはもちろんですが、履き心地も抜群。ボロネーゼ製法という靴のアッパー部分とインソールの部分を「袋状」に縫うことで、足を包み込む製法が特徴のブランド。更に木型は日本人向けのものを使用しているそうです。革、底材、デザインをその場で選ぶことができます。残念ながら、ミゲルさんの実演は明日までですが、オーダー会は24日まで。ベルトをオーダーされているお客様もいらっしゃいました。

スペインMAGNANNIの紳士靴_1_7
マグナーニはスペインの靴ブランドから、世界のブランドへ。
創業者「セバスチャン・ブランコ・アルドマール」から3世代を経てもなお、実直で丁寧な靴作りは継承され続け、スペインを代表する高級紳士靴ブラントとして多くのファンから支持されています。写真のお二人はご兄弟。今もなお、家族経営されています。

スペインMAGNANNIの紳士靴_1_8
最後は今日の私のスタイリング。Nobleの麻のパンツをメインに。自分の体型にピッタリ合っているのと、大好きな天然素材の麻、裾の広がりや丈など全てお気に入りです。伊勢丹の中は冷房が効いていて涼しかったので、AP STUDIOの薄手コットンロングコートを羽織っています。

What's New

Feature
Ranking