初夏スイーツ②1年かけて合格!究極の焼き菓子のお味は…?

手作りスイーツのおやつを欠かしたことがないというTさん。特に思い入れ深いのは、スイーツ教室で習ったという、オレンジピールがさわやかなフランス風ケーキ。なんと合格するまでに1年かかったという、そのケーキとは⁉
初夏スイーツ②1年かけて合格!究極の焼き菓子のお味は…?_1_1
小学生のときに夢中になって以来、手作りスイーツに並々ならぬ愛と情熱を注いできたTさん。有名な東京の製菓学校に通い、パリ留学を目指したことも。今は尊敬する加藤千恵先生のもとで製菓を勉強すること10年。家族や友人たちのために、ほぼ毎日のようにスイーツ作りを楽しんでいる。

そんなプロ並みの腕前を持つTさんでさえ、「加藤先生のOKが出るまでに1年かかりました」という焼き菓子が、オレンジのフランス式ケーキ。よくあるパウンドケーキのように見えるが、材料すべてを混ぜ合わせて焼くだけの手軽なアメリカ式と違い、フランス式のレシピはとてもデリケートなもの。

「100回作っても合格しなかった生徒さんがいらっしゃるほど、フランス式ケーキはうまく作るのが難しいんです。ベーキングパウダーは使わず、メレンゲの力だけで高さを出します。そのメレンゲをうまく泡立て、ベストな泡立ち加減を見極められるようになるには、相当な経験が必要で…」

うまく焼きあがると、なめらかな舌触りやキメの細やかさが、アメリカ式とはまったく違うという。型から出してもしぼむことがなく、一週間してもおいしくいただけるのだそう。

「オレンジピールがさわやかなので初夏になるとよく作りますが、これほど思い入れの深いケーキはありません。日持ちするので、ちょっとしたお礼に友人に差し上げたりするのにも活躍してくれています」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング