チドモ(馬車)が走るエコ リゾート、 マハマヤ 【インドネシアのお薦めホテル】

夏は晴天のインドネシアへ、増島 実が迷わず選んだホテル15選ー⑮

2018年8月9日
快適な離島暮らしをエンジョイできるプチ・リゾート
ロンボク島の北西に浮かぶ3つのギリ・アイランドは、楽園ビーチを求めて旅する欧米からのツーリストたちに大人気のディスティネーション。マハマヤ・ブティックリゾートは、3つの島のうち真ん中に位置するギリ・メノに立つ。ビーチ沿いの道をぐるりと一周しても小一時間程度と小さく静かな島で、訪れるツーリストも島民も少ない。そのぶんビーチの美しさも際立っている。シーズンオフに訪れれば、誰もいない浜辺を独り占めという贅沢ができるかも。

マハマヤ ブティック リゾート

ギリ・メノは一周4Kmほどの小さな島で、ラグーン(海跡湖)があることが特徴。マハマヤ ギリ メノーは、ドローンで撮影したこの写真の中央、白っぽく見える建物。
リゾートの目の前には、島の中でも格別に美しいホワイトサンドビーチが広がる。まばゆい砂浜には東屋やビーチチェアが設えられ、木立が点々と影を作る浜辺は、さながらプライベートビーチの趣き。白で統一されたマハマヤ ブティック リゾートは奥に細長く続く敷地を持ち、中央に真水のプールを完備している。ギリ諸島では真水は貴重なのでこれはとても贅沢なことだ。ナチュラルモダンの客室は使いやすく、設備も整っているので快適なアイランドライフを過ごせる。
リゾートの前に広がるラグーンはとても透明度が高く、海底まで透き通って見える。漁師が小舟で網を仕掛けていたが、捕れた魚は、すぐに島のレストランで味わうことができる。ドローンから撮影。
  • 夕日を眺めながら食前酒をいただく贅沢を享受。対岸の島は最も賑わうギリ・トゥラワガン。
  • 浜辺のテーブルやビーチチェアで朝食やドリンクをオーダーすることもできる。
  • 敷地を貫くプールの奥はバーカウンターで、その奥にもまたプールになっている。
  • プールビュー・スイート。ミネラルウォーターのタンクや持ち歩き用の水筒も用意されている。
  • 記念日をこんなロマンティックなディナータイムで彩るのも素敵。
  • リゾートのエントランス。島では車やバイクは走行禁止、送迎や移動はチドモと呼ばれる馬車で。

1/4

2/4

3/4

4/4

離島のリゾートでもシェフは一流。ビートルート・サラダなど見た目も鮮やかな料理が楽しめる。
海の幸をアジアンテイストで味わうシーフード・ラクサはランチにぴったりのメニュー。
シアード・スカロップ・オレンジソース。レストランには西洋料理とアジアン料理が用意されている。
前菜のフィッシュケーキ。新鮮なシーフードが味わえるのも島ならではの楽しみだ。

Mahamaya Boutique Resort

Turtle Point, Gili Meno, Lombok
全18室 ¥22,999~
ロンボク国際空港から車で約2時間、ファストボートで約20分。
またはバリ島グラライ空港から車で約1時間半、ファストボートで約1時間半
(料金は最安値の一例です)
www.mahamaya.co

What's New新着記事

FEATURE
ランキング