インテリアや雑貨が大好き! 参考にしているのは…

2016年9月30日
自分の時間を大切にしているJマダムは、家の中を居心地よく飾ることにも熱心。Jマダムたちのアンテナがビビッと反応するのは、インテリアショップ? 雑誌? それとも…!
Jマダム48人のうち、73%もの人が「インテリアがすごく好き!」と回答。「まあまあ好き」の20%も合わせると、なんと93%ものJマダムが、家の中を気持ちよく飾ることに熱心なようだ。ただし、気に入った家具をボンと置いて満足、というわけではない。玄関やトイレ、リビングボードといった小さなスペースを大切にし、ハロウィンやクリスマス、お正月などのイベントや季節ごとに、こまめに模様替えしているという。何事にも手をかけて楽しむ、Jマダムたちのていねいな暮らしぶりが垣間見える。
小さなスペースを大切にしているというのは、インテリア好きなJマダムの全員が、「花やインテリア雑貨が好き」と答えていることからも分かる。「手作りのタッセルを照明やガラス瓶などに飾るだけで、ちょっぴりシノワな雰囲気に」(エクラサポーターズNo.9 宮本裕子さん)というハンドメイド派もいれば、「海外旅行が好き。帰国後はその国の絵や小物を飾って思い出に浸ります」(エクラサポーターズNo.30 有村裕美さん)など旅行にちなんだものを飾っている人も。Jマダムには多趣味な人が多いが、趣味を趣味で終わらせず、うまく暮らしに取り込んでいるのも、Jマダムならではといえそう。
何をインテリアの参考にしているのか複数回答で答えてもらったところ、1位はインテリア・雑貨ショップ。以下、インテリア雑誌、ホテル、レストランと続き、インテリアのトレンドやテクニックをプロから学ぼうとしている様子がうかがえる。が、注目したいのはインテリア雑誌と同点2位に輝いた、「友人・知人宅」だ。Jマダム世代はカービングやシルクフラワーなどのハンドメイドに長けた人が多く、プロでなくてもセンスよく暮らしている女性が多い。そして、そんなJマダムが主宰するサロンや家族ぐるみのホームパーティに参加するなど、自宅を行き来する機会も多くある。インテリアの腕は、見るだけでなく“見られる”ことでも磨かれているようだ。

What's New新着記事

  • デパ地下スイーツ、こっそりひとりで…(^^♪

    チームJマダムの半数近くがほぼ毎日スイーツを楽しんでいるというほど、甘いもの大好きなJマダムたち。スイーツにかける予算から手作り派のマイブームまで、スイーツ事情をまるっと公開!

    50代のリアル

    2018年5月19日

  • 初夏スイーツ②1年かけて合格!究極の焼き菓子のお味は…?

    手作りスイーツのおやつを欠かしたことがないというTさん。特に思い入れ深いのは、スイーツ教室で習ったという、オレンジピールがさわやかなフランス風ケーキ。なんと合格するまでに1年かかったという、そのケーキとは⁉

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2018年5月15日

  • アラフィー女性のホンネ:アンチエイジング対策、どうしてる? 美容編①

    ナチュラルに歳を重ねていきたいとは思うものの、現実には、東に「シミが薄くなる方法がある」と聞けば行き、西に「5歳若く見える方法がある」と聞けば転びながらも走っていく……。そこでJマダムのみなさんに聞いてみた。「アンチエイジング対策、どうしてる?」多くの情報が寄せられたので、まずは「美容編、その①」を。

    裏エクラ

    2018年5月12日

  • 初夏スイーツ①レモン×〇〇のタルト。アウトドアもOK!

    夏に向かって気温上昇中の今、満足感もありつつさわやかな味わいのスイーツがあるとうれしい。レモンのタルトは王道だけれど、スイーツの腕前がプロ並みのTさんは、さらにもうひと工夫して…。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2018年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:ナイショの買い物がバレた、その時

    ドキドキして、日常生活のスパイスともなっている(?)ナイショ買い。けれど、夫やパートナーにまったく気づかれない、あるいは無反応でもつまらないもの。ナイショ買いがバレた時、はたしてJマダムたちの家の中では何が起きたのでしょう……。

    裏エクラ

    2018年4月28日

FEATURE
ランキング