インテリアや雑貨が大好き! 参考にしているのは…

2016年9月30日
自分の時間を大切にしているJマダムは、家の中を居心地よく飾ることにも熱心。Jマダムたちのアンテナがビビッと反応するのは、インテリアショップ? 雑誌? それとも…!

Jマダム48人のうち、73%もの人が「インテリアがすごく好き!」と回答。「まあまあ好き」の20%も合わせると、なんと93%ものJマダムが、家の中を気持ちよく飾ることに熱心なようだ。ただし、気に入った家具をボンと置いて満足、というわけではない。玄関やトイレ、リビングボードといった小さなスペースを大切にし、ハロウィンやクリスマス、お正月などのイベントや季節ごとに、こまめに模様替えしているという。何事にも手をかけて楽しむ、Jマダムたちのていねいな暮らしぶりが垣間見える。

小さなスペースを大切にしているというのは、インテリア好きなJマダムの全員が、「花やインテリア雑貨が好き」と答えていることからも分かる。「手作りのタッセルを照明やガラス瓶などに飾るだけで、ちょっぴりシノワな雰囲気に」(エクラサポーターズNo.9 宮本裕子さん)というハンドメイド派もいれば、「海外旅行が好き。帰国後はその国の絵や小物を飾って思い出に浸ります」(エクラサポーターズNo.30 有村裕美さん)など旅行にちなんだものを飾っている人も。Jマダムには多趣味な人が多いが、趣味を趣味で終わらせず、うまく暮らしに取り込んでいるのも、Jマダムならではといえそう。

何をインテリアの参考にしているのか複数回答で答えてもらったところ、1位はインテリア・雑貨ショップ。以下、インテリア雑誌、ホテル、レストランと続き、インテリアのトレンドやテクニックをプロから学ぼうとしている様子がうかがえる。が、注目したいのはインテリア雑誌と同点2位に輝いた、「友人・知人宅」だ。Jマダム世代はカービングやシルクフラワーなどのハンドメイドに長けた人が多く、プロでなくてもセンスよく暮らしている女性が多い。そして、そんなJマダムが主宰するサロンや家族ぐるみのホームパーティに参加するなど、自宅を行き来する機会も多くある。インテリアの腕は、見るだけでなく“見られる”ことでも磨かれているようだ。

What's New新着記事

  • “○○”のご縁で人生が変わった実録。

    人生80年の時代。Jマダムにとって“学び”にタイムリミットなんてないし、それをきっかけに50歳で新たな人生が開かれることも。Jマダムたちの“学び”に対する意欲はとどまるところを知りません。

    Jマダム通信

    2017年3月15日

  • 大人になってからの“学び”。人気の1位は○○○!

    大人になってから分かる、“学び”の楽しさ。Jマダムたちはどんなことに関心をもち、どんな場で、何を学んでいる? Jマダムたちの学びの現場に潜入!

    Jマダム通信

    2017年3月1日

  • “おうち酒”は○○○するチャンス!♪

    “おうち酒”のメリットは、時間や交通手段を気にしないですむのはもちろん、料理や器、蔵元を訪ねる旅などいろいろな方面へ楽しみが広がるのもひとつ。暮らし上手なJマダムたちは、“おうち酒”にどんな楽しみを見出しているのかリサーチ!

    Jマダム通信

    2017年2月15日

  • 自宅でお酒をたしなむJマダム多し。そのお相手はやはり、○○!

    気楽な“おうち酒”は、Jマダムたちの日常に欠かせないツールのよう。いったい誰と、何をのんでいる? ふだんはあまり見えてこないJマダムの自宅での様子を、こっそりのぞき見!

    Jマダム通信

    2017年2月1日

  • Jマダムにとって一番価値があるもの。それは…。

    お金の使い方でその人の価値観が見えてくる。そして、その価値観は年齢とともに変化するもの。Jマダムにとって今、お金をかける価値があると思えるものは何かを取材。そこで見えてきたのは、“自分への投資”だった。

    Jマダム通信

    2017年1月13日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録