Jマダムは毎月○○○円使ってこまめにお部屋を模様替え

2016年10月14日
インテリアが大好きで、小さなコーナーの飾りつけを季節や行事ごとに模様替えするJマダムたち。雑貨購入の予算は? どこでお気に入りを見つける? Jマダムのインテリア事情を大公開!
ハロウィンが終わると紅葉やクリスマス、お正月にバレンタインとイベントが目白押し。インテリア好きのJマダムたちが腕をふるう季節だ。これだけこまめに模様替えをするなら、インテリア小物を購入する機会も多そう。いったいどこでお気に入りを見つけているのか複数回答で聞いたところ、1位に「有名なインテリアショップ」と「雑貨屋さんめぐり」のふたつがランクイン。雑貨屋さんめぐりとは、いくつかの雑貨屋をのぞいてみて、気に入るものがあれば買うというスタンス。3位は「外出のついでに近くのショップに立ち寄る」で、この3つで回答の大多数を占めた。ほかには、ネット通販やデパート、旅行先で買うという声が。
実物を目で見て、手で触れて、じっくりとインテリア小物を選びたいJマダムたち。見るだけも含め、67%の人が「月に2~3回はお店に足を運ぶ」といい、「週に1~2回」というツワモノが13%も。それだけマメに足を運べば、あれこれ欲しいものも増えそうだ。一ヵ月にかかるインテリア支出を聞くと、「5000円~1万円」と「1万円以上」が各40%で同点1位に。10日に一度はショップに出向き、ひと月に1万円前後をインテリアのために使うのがJマダムスタイルのようだ。
自分の好みがしっかりと確立しているJマダムたち。購入アイテムは人それぞれだ。「気に行ったファブリックを見つけると大量に買ってストック。同じ布でスツールのスカートや戸棚の目隠しなどを作ると、統一感が生まれてお部屋が品よくまとまります」(エクラサポーターズNo.34 柴田ななさん)「玄関にスワロフスキーの置物を飾ります。日光が入るとミラーボールのように輝いてうっとり」(エクラサポーターズNo.26 神津泰子さん)「年に数回ハワイに出かけ、大好きな画家ヘザーブラウンの絵を購入。家にいながらハワイ気分に浸れます」(エクラサポーターズNo.21 村越美加さん)

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング