予算平均は○○円! Jマダムのホームパーティ準備

2016年11月1日
クリスマスや忘年会、新年会などで集まる機会が増えるこの季節、Jマダムたちのホームパーティ魂が燃える! いったいどんな手料理をふるまうの? 実のところ予算はいくらくらい? これから準備を始める人、必見です!
レストランやダイニングバーでの集まりもいいけれど、人数が流動的だったり気兼ねなくおしゃべりを楽しみたいときには、やっぱりホームパーティが一番。Jマダムたちの半数近くがホームパーティを「年に3~4回は開く」と答え、「あまり開かない」人は3割弱。「開いたことがない」人はなんとゼロ! Jマダムにとってホームパーティはとても身近なイベントで、自宅を開放し手料理をふるまうことを大いに楽しんでいるようだ。
気軽なホームパーティといえど、主催する側に立つとけっこうな出費も。食材やワインなどの飲食物だけでなく、テーブルウェアを買い足したり、生花やオーナメントなど季節感を演出する小物をそろえたり。これらすべてをひっくるめて、1回のホームパーティに2万円以上かけると答えたJマダムが65%にのぼった。4万円以上かける人に絞っても、全体の約3割も。「仕事関係の方を20人くらいお招きするときは食材だけでもけっこうかかりますが、何より皆さんが楽しそうにしてくださるのがうれしくて」(No.28 上土橋さん) 楽しい場と時間を分かち合えるなら、多少の出費は気にしないというJマダムが多いようだ。
撮影/高井朝埜
ホームパーティを開くときにもっとも心血を注ぐのが、手料理だろう。Jマダムたちの間で常識となりつつあるのが、フィンガーフード。ひと口サイズの前菜やおつまみのことで、一人前ずつスティックでまとめたり小さな容器に盛り付けたりして、大皿にズラリと並べて提供する。色合いを考えて作ると、見た目にもゴージャスでみんなの心が浮き立つし、会話のきっかけにもなる。「プチトマトやキュウリなど日常の食材でも、フィンガーフードにアレンジするだけでパーティらしい雰囲気に。前日から用意しておけるのもポイントです」(No.17 上井さん) 主催する心理的負担を減らしつつ、参加者には大いに楽しんでもらう。ホームパーティに慣れたJマダムたちならではの工夫が光る。

What's New新着記事

  • 50代のお出かけ② 私だけの紅葉穴場スポットは●●!

    秋のお出かけといえば紅葉狩り。Jマダムたちが紅葉狩りの場所選びでこだわるのは、いったいどんなこと? 人気のスポットは? アラフィー女性の紅葉狩り事情をリサーチ!

    50代のリアル

    2017年10月21日

  • 50代のための紅葉スポット!③ファミリーで1日レクも楽しめる!

    子どもも大人も、家族みんなで楽しめる紅葉スポットをご紹介。茶店やケーブルカーもあるにぎやかな山道と、小さな動物園がある都会の自然豊かな公園。秋の1日をアウトドアで楽しんで!

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年10月17日

  • 50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…

    男性と女性では、脳のつくりが違うのだそう。長くつきあっていると考え方が少しずつ似てくるような気もするけれど、ふとした時に、たしかに男女の間には深い深い溝があることを思い知らされる。でも、だからこそおもしろかったり、夫や恋人がかわいらしく見えたり。そんな男たちの生態について、Jマダムのみなさんに改めて聞いてみた。

    裏エクラ

    2017年10月14日

  • 50代のための紅葉スポット!②買い物の途中で、イチョウ並木を散策

    Jマダムおすすめの紅葉スポットを紹介する連載第2回は、都会のイチョウ並木。ショッピングのついでに、女友達とのランチの帰りに、のんびりそぞろ歩くのもオツなもの。映画の1シーンのようなヒロイン気分を味わえる…かも⁉

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年10月10日

  • 50代のお出かけ① 遠出が気持ちいい秋。行きたいのはやっぱり…!

    美しいもの、おもしろいこと、美味しい食べ物を求めてフットワークも軽く活動するJマダムたち。遠出にぴったりのこれからの季節、どこへ、何をしに出かける? Jマダムたちの遠出に密着!

    50代のリアル

    2017年10月7日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング