シンプルにこなれ感ときれいさをプラスする“TOKYOベーシックな最旬スタイル”

2018年7月3日
アラフィーファッションを牽引する最旬のセオリーは、ひねりの効いたアイテムにきれいめバッグとハズし靴を合わせた“TOKYOベーシックスタイル”が旬。今風ベーシックの天才スタイリスト、村山佳代子さんがベーシックをアップデートするスタイルをご紹介。

村山佳世子さん

シンプルにこなれ感ときれいさをプラス「TOKYOベーシック」

「キリッとして見せるトレンド感満載のファッションより、好きなテイストを深めて自分らしくいられる、気負いのない着こなしが一番」と語る、今風ベーシックの天才、村山さん。アラフィーファッションを牽引する最新のセオリーは、旬の香りがほどよく漂うひねりの効いたベーシックな服に、きれい見えバッグ&ハズし靴を加えた、三位一体で完成する。

THEORY01「服はベーシックに"ひとひねり"効かせたものを」

「例えばシャツならビッグサイズ、ブラウスなら袖や背中がふんわりしているとか。ひとひねりをトップスかボトムのどちらかに取り入れたら、片方はシンプルに徹してすっきりと着こなします」

1/2

2/2

ほの甘いひとひねりブラウスはワントーンでシックに

「マニッシュでいい日もあれば、ほんのり甘い着こなしも実は好き。今シーズン、特に気になる甘めブラウスは、私の定番のマニッシュパンツと組み合わせるのが一番。ワントーンでシックにまとめるのも今の気分です」。燕尾服のような垂れを結ぶコットンのプルオーバーブラウスは、襟もとや袖口にタックをたっぷりと寄せたドラマチックなシルエット。ブラウス¥85,000・パンツ¥70,000(ともにブラミンク)・靴¥110,000(フラテッリ ジャコメッティ)/以上ブラミンク バッグ¥458,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
すべて村山さんの私物!大好きなマルジェラの服は"ひとひねりベーシック"の代表

ベーシックといつまでも鮮度高く付き合うには鮮度高く付き合うには

自他ともに認める“ベーシック好き”。選ぶアイテム自体も気負いなくシンプル。むやみに重ねたり盛りすぎることなく、こなれ感の中に時代性が輝くスタイリングは、今の東京を代表する、アラフィーの憧れ。そんな村山さんのおしゃれセオリーの神髄は、実は30代のころから憧憬する「メゾン マルタンマルジェラ」にある。
「私のマルジェラは、ひと目でそれとわかりにくいものばかり(笑)。ディテールに少しひねりを効かせたシンプルめなものが大半なので、しばらく手にとらなくてもまた着てみたくなったり、購入したシーズンは袖を通さないことも。自分の中で更新しつづけて、この先も着ていける服だと思っています。ベーシックと付き合ううえで“ひとひねり”はとっても大事。それが地味な人にならず、古くさく見せず、気持ちが上がるスタイリングに必要な微量のトレンド感に通じると思うから。ひねりのエッセンスは、ディテールでもシルエットでもサイズでも。ただしやりすぎはトゥーマッチ。ひとつで十分」“こなれ感”を足すのに不可欠な小物選びにも、もうひとつのセオリーが。「ベーシックには小物でつける緩急も効果的です。足もとはスニーカーやローヒールで、トレンド感があっても肩の力が抜けた感じに。バッグはかっちりめのデザインなら、大人に必要な“きれい”の要素をキープできます」
がんばりすぎない合わせ方、着こなしこそ、東京ベーシックの真骨頂。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング