編集部のリアルJマダムの「今月のこれ欲しい!」 五選

2018年7月21日
ジャストエクラ世代の編集部スタッフが、"ひと目惚れ"おしゃれアイテムをピックアップ。今月は靴&バッグをお届け!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.サルヴァトーレ フェラガモの
グリッターミュール
シルバーの靴は、ベーシックカラーになじみ、さりげないポイントにもなる使い勝手のいいアイテム。この上品なグリッター使いはまさに、デイリーにも使える大人のためのシルバーです!(編集長S)

(ヒール高1㎝)¥80,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)
2.ブルガリのバッグ「セルペンティ」
「セルペンティ」のゴージャス感と白ベースの清楚な色使いとのミックスに目を奪われました! チェーンショルダーはトレンドに関係なく使えるデザインなので、大切に長く愛用していきたいです。(副編集長I)

(縦15×横24×マチ7㎝)¥295,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)
3.シャネルのエスパドリーユ
シャネルのビーチサイドをイメージした新しいカプセルコレクションが素敵です。グログランのトゥ、キルティングモチーフのプリント、レザー張りの内側など、大人仕様のエスパドリーユは街でも履きたい!(編集SH)

(シャネル 表参道のみで限定発売中)¥70,000/シャネル
4.ソニア リキエルのバッグ「パヴェ パリジャン」
小ぶりなショルダーバッグを探していたところ、この愛嬌のあるフォルムにぐっときました! ベーシックカラーの服に、きれいな赤が映えそうです。(編集U)

(縦20×横14×マチ8㎝、ショルダーストラップつき)¥110,000/ソニア リキエル ジャポン(ソニア リキエル)
5.アー・ペー・セー ラ・リスト
チュニジエンヌのかごバッグ
四角いバッグに目がないので、このかごにもビビッと! チュニジアのアートクラフトをベースにしたというシンプルな柄と色使いも好み。(編集SH)

(縦31×横40×マチ17㎝)¥12,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー ラ・リスト・チュニジエンヌ)

What's New新着記事

  • 和菓子とTeaで、午後のおもてなし 五選

    季節感も堪能できる和菓子。フードスタイリストの千葉美枝子さんがまだまだ続く蒸し暑さをやわらげる逸品をセレクト。お茶選びや器使いとともに、おもてなしのひと時をコーディネートしてくれた。

    eclat五選

    2018年8月21日

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング