「昔の常識」で損してる?思い込みスキンケアQ&A 五選

2018年7月20日
若いときに知ったスキンケアの知識に縛られがちなエクラ世代。あのころから20年ほどたち、常識と思っていたことも今は昔。浦島太郎状態になっていたことが、肌の老化を加速させていた!?
お答えいただいたみなさま
皮膚科医 工藤清加先生
わかばクリニック院長。アラフィー女性の患者も多く、ていねいなスキンケア指導が評判。スキンケアブランド、フラセラを手がける。

ビューティサイエンティスト 岡部美代治さん
大手化粧品メーカーでヒット商品を多く手がけた経験を生かし、美容コンサルタントとして活動。多くの女性に正しい美容情報を啓蒙。

美容ジャーナリスト 小田ユイコさん
エクラほか女性誌、webで美容企画を担当。美容記者歴25年の経験と知識を生かし、ベストなコスメ&使い方をレクチャー。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.肌を甘やかしてはいけませんよね?
エクラ世代の栄養補給は“肌トレ”。大人に肌断食は無謀な行為です!

「アラフィーになると、誰もが潤い不足になり、若いころニキビに悩んだ人でも皮脂分泌が低下。そんなところに肌断食するのは、体力のない老人にフルマラソンさせるようなもの。化粧水や美容液で必要な潤いを補い、乳液やクリームで油分の保護膜をつくることは、大人の肌に絶対必要なケアです! 決して甘やかすことにはなりません」(工藤先生)

「日々のスキンケアでしっかりと栄養を与えるのは、肌に回復力を与える行為。むしろ「トレーニング」という言葉のほうがぴったりです。大事なのは、肌にも心にも心地いいコスメを選ぶこと。不安感や不満があると、メンタル的に肌をダメにしてしまいます。アスリートがトレーニングを続けることで長く現役を続けられるように、スキンケアで肌トレを重ねることで、若々しい現役肌を続けられるのです」(岡部さん)


弾力肌へと導くトレーニング乳液
大人になると減っていく肌誕生因子、バーシカンをバックアップ。潤いと油分をバランスよく与えながら、弾力肌へとトレーニング。B.A ミルク 80㎖ ¥20,000/ポーラ
2.安い化粧水をバシャバシャつけるのが一番!
1000円以上の化粧水ならOK。ただ、高い化粧水にぜに頼ってほしい!

「洗顔後の無防備な肌になじませる化粧水ですから、肌の衰えが気になるエクラ世代には正直いって、高品質な化粧水をおすすめしたい。高級化粧水には美容液級の成分が配合され、浸透力にもこだわっていて、夏の疲れがちな肌を回復させる力があります。メーカーの推奨する量でよいので、手のひら全体で押さえるようにしてしっかりなじませれば、安い化粧水をやみくもにつけるより数段高い美肌効果がありますよ」(小田さん)

「バシャバシャ、がたっぷりという意味ならOK。ケチることなくたっぷり使える金額の化粧水を、お財布と相談しながら使うのはとてもいいですね。ただし、エクラ世代に1000円以下の化粧水は不適当。日当たりのいい店先で売られるような安価な化粧水は、変質させないためにパラベンやアルコール、エタノールが多めに入っています。これらの添加物は、肌に棲む常在菌の内、若々しく健康に保つことに貢献している美肌菌を殺菌してしまいます。美肌菌を守るためにも1000円以上の化粧水をおすすめします」(工藤先生)

浸透にこだわり、成分を厳選!
工藤先生プロデュース。フラーレン、APPSなど、大人の肌を立て直す成分を採算を度外視して配合。フラセラ アンフェイディング ローション 120㎖ ¥8,500/Dr.わかば
3.一週間試して効果がなければ、
そのスキンケアコスメは肌に合わない?
小さな変化を見逃してない? 1本使い切ったところで判断を!

「肌のターンオーバーのサイクルは約28日。だいたい1本使いきるころに、肌は新しく生まれ変わります。スキンケアコスメを開発する側は、表面的な即効性もねらいますが、真価は1本使いきったころに表れるように設計。その時点で「よくなった」と思える点が見つからなければ、別のスキンケアコスメに鞍替えしましょう。ただし、肌が荒れたりしみたりするなら、即使用を中止。香りやテクスチャーが好みでないのも、無理に使う必要はありません」(岡部さん)

「最新のスキンケアコスメは、使ってすぐ効果がわかるようにつくられています。手ざわりのなめらかさやモチモチ感、ハリ感、透明感、毛穴の引き締め感などがチェックポイント。朝、自然光の明るいところで鏡を見、手の感覚を研ぎすませて確認してみて。改善の度合いは小さいかもしれませんが、その積み重ねこそがスキンケアの醍醐味。放っておけば衰える一方のエクラ世代の肌。現状維持するだけでもスゴイことなのに、微差でも向上しているとしたら、そのスキンケアは大正解です」(小田さん)

使ってすぐわかるなめらかさとハリ感
瞬時に小じわが目立たなくなり、肌がキュッと引き締まる手応えが楽しい、今、話題の美容液。パーフェクショニスト プロ F+L セラム 30㎖ ¥11,000/エスティ ローダー
4.とにかくシンプルでベーシックな
コスメが肌にいいんですよね
保湿はできてもシミは消えない……。ときめくコスメをプラスして!

「スキンケアはときめくアイテム、つまり気持ちが上がったり、ワクワクする化粧品を使うことにも、大いなる美容効果があります。特に、気持ちがふさいだり、イライラしがちなエクラ世代はなおさら。魅力的な肌への期待感をこめて美容液を使ったり、マッサージ、パックをしている人は、やはりキレイだし若々しい。大人にはベーシックにプラスアルファのケアが必要なんです」(岡部さん)

「シンプルでベーシックなコスメは保湿がメイン。保湿はスキンケアの基本ですが、それではシミ、しわ、たるみをケアしきれず、消極的なケアとしかいいようがありません。エクラ世代のスキンケアは、深刻なエイジング悩みを解消してこそ。やっぱり頼りになるのは美白や、しわ・たるみをケアしてくれる高機能美容液です。高機能美容液は肌に刺激があると思っている人も多いようですが、優秀コスメは使い心地のテストも行われていて、エクラ世代のバリア機能が落ちた肌にも負担を感じることはめったにありません」(小田さん)

居座りジミの「骨」を分解する高機能
頑固なシミに存在するメラニンの骨を分解するシミ消し美白美容液。アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト 30㎖(医薬部外品)¥7,000/富士フイルム
5.オイルクレンジングは肌に負担?
それは10年前の話です! むしろ敏感肌にもおすすめ。

「ここ10年、少なくとも4~5年、クレンジングオイルの進化が目覚ましく、まったく別モノに生まれ変わった感があります。特に肌にのばしたとき厚みを感じる、クッション性の高いオイルクレンジングはすばらしい! 私のように揺らぎやすい肌でも、心地よくメイクオフできるように。オイルクレンジングはまつ毛エクステをしている人には使えないとされていましたが、最近ではOKのものも続々登場しています」(小田さん)

「オイルクレンジングが肌に負担だったのは過去のこと。以前は、ふき取りタイプで摩擦が刺激になったり、鉱物油が肌に刺激を与えていたりしていました。今は洗い流すタイプが主流ですし、原料の多くが良質な植物オイルに。フィット力の高いUVコスメやファンデーションも肌に負担なく落としてくれるので、実は乾燥肌の人にもおすすめです。大事なのは肌に油分が残らないようしっかり洗い流すこと。熱すぎるお湯だと肌の潤いを奪ってしまいますし、冷たい水だと毛穴が締まって汚れをとりきれないので必ずぬるま湯で」(工藤先生)

クッションオイルで肌負担ナシ
植物由来オイルと保湿成分を複合したクッションオイルを採用。美容液成分約82%で、美容液で洗っているよう。トリートメント クレンジング オイル 200㎖ ¥3,000/カバーマーク

What's New新着記事

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

  • 大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選

    「ナチュラルでいたいからノーファンデ!」のような、自己流美容を貫いてませんか? 大事と信じていたことが、実は意味のないことだったり、やりすぎが老け肌の原因だったり……。今のきれいに必要なメイクについて、「ツヤ」と「線」が主役で色は脇役と心得る、ヘア&メイクアップアーティスト藤原美智子さんが語ります。

    eclat五選

    2018年8月17日

  • ワクワクを楽しむ服。「富岡さん、大人のGucciに夢中です」 五選

    深まる季節に誘われるかのようにおしゃれへの思いが強まっていく、秋。年齢を重ねた今、改めて装うことの楽しみを教えてくれるGucciの新作に心ときめかせて。

    eclat五選

    2018年8月15日

  • 今すぐ食べたい!シャンパーニュに合う、夏つまみ 五選

    大のシャンパーニュ好きでワインペアリングが楽しめる料理教室『cuisine et vin』を主宰する、料理研究家の平野由希子さん。季節感あふれるおつまみレシピと、おもてなしのシーンに喜ばれるシャンパーニュとをあわせて紹介!

    eclat五選

    2018年8月13日

FEATURE
ランキング