名品バレエシューズクローズアップ 五選

2018年7月15日
唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.心躍る色とバリエーション。
大人バレエシューズの王道「レペット」
変わらぬフレンチシックのアイコンとして、チャーミングなバレリーナシューズをつくり続けるレペットは、1947年、パリ・オペラ座の近くの小さなアトリエで、ダンスシューズのデザインからスタートした。’56年、ブリジット・バルドーが履き心地のよいバレリーナシューズをレペットにオーダーし、これを映画『素直な悪女』でも着用したというエピソードでも有名。その時代から今も続く「スティッチ&リターン」製法でつくられるシューズは、ほかにはないしなやかな履き心地を実現している。

靴[上から](赤/1)¥43,000・(黒/3)¥37,000・(ネイビー/1)¥34,000・(白/1)¥39,000・(リネンベージュ/1、日本限定)¥31,000・(ゴールド/1、日本限定)¥42,000・(シルバー/1)¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット)
2.元バレリーナが手がける
上質レザーのロングセラー「J&M デヴィッドソン」
バッグ以外でも実は隠れた名品バレエシューズ「BARDOT」。デザイナーが元バレリーナであることから、本人も好んで着用するこだわりのアイテム。バッグ同様、上質なレザーはもちろん、履き口のグログランがとても柔らかいので、足なじみがよい。甲浅でスマートな形に加え、絶妙な色展開にも洗練が香る。

靴(黒、ネイビー、ターコイズ、ゴールド/0.5)各¥33,000・(ベージュヘアオンカーフ/0.5)¥53,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
3.希少な1枚仕立てのなめらかさと
少しのヒールの履きやすさに感動「ロランス」
昨年デビューながら、その履き心地のよさと美フォルムが話題のロランス。1枚仕立てのバレエシューズは、そんなブランドの代表モデル。ライニングなしで1枚仕立てが可能なインポートスエードはとても貴重で、その足当たりの柔らかさは感動レベル! また、通常は8~10㎜の接着ヒールが多いところ、20㎜のヒールを釘打ちすることで、丈夫できちんとした印象に。ややスクエアなトゥも甘くならず大人好み。

靴(2)各¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)
4.伝統的な製法にこだわるミラノの
ファクトリー発ブランド「スペルタ」
ミラノ郊外のファクトリーから生まれたSPELTAは、’80年代前半、グッドイヤー製法のスティッチングを生かしたバレリーナシューズを完成させ、その履き心地のよさから一世を風靡した。伝統的な製法のクラシック感を残しながらも、独自性を備えたデザインは、足を覆うような甲の深い形が特徴的で、現在は写真の2型で展開している。

靴(ブラック、シルバー、ベージュ/0.5)各¥23,000・(ブラウン、ピンク、パープル/0.5)各¥24,000/フラッパーズ(スペルタ)
5.一流の踊り子たちに愛された
ほかにはない柔らかな風合い「ポルセリ」
1919年創業のバレエ用品メーカーであるポルセリの靴は、幅広な足の人でもストレスなく履ける、まるでソックス感覚の柔らかさ。そんな独特の風合いと愛らしいルックスで、今ではファッショニスタのデイリーシューズとして親しまれている。

靴(ゴールド、中左・ライトベージュ、イエロー/0.5)各¥29,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ポルセリ) 靴(中右・ベージュ/0.5)¥29,000・(シルバー/0.5)¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ポルセリ)

What's New新着記事

  • パリ&ミラノの冬トレンドキーワード②「お身軽スタイル」 五選

    パリ&ミラノの街に目立つものには、やっぱり明日からのおしゃれのヒントがいっぱい! スマホの普及で、パリ&ミラノでは両手を自由にしてくれるミニバッグが主流に。そして足もとは、コンフォート最優先でスニーカーが圧倒的に。そんな「お身軽スタイル」を自分らしく着こなすマダムをスナップ。

    eclat五選

    2019年1月18日

  • パリ&ミラノの冬トレンドキーワード①「リュクスウォッチ」 五選

    最新のマダムスナップから、編集部でも覚えておきたいキーワードを発掘! さりげないのに洗練されたカジュアルスタイルを生むカギは、手首にあしらったリュクスな時計の存在感にあり。

    eclat五選

    2019年1月17日

  • パリ&ミラノマダムの最新ワントーンコーデは、ひとひねりを効かせて 五選

    「パリとミラノのマダムたちの間でも、ワントーンコーデへの支持はやっぱり厚くて、そしてとても上手。目にとまったのはワントーンのキーカラーがそれぞれ異なっている、おしゃれ上手な4人のマダムたち。ワントーンは間違いのないスタイリングゆえ、ついマンネリ化もしやすいので、こんな"ひとひねり"あるスタイリングは参考になると思います」と話すのは、スタイリストの徳原文子さん。パリ&ミラノマダムたちの着こなしを解説!

    eclat五選

    2019年1月16日

  • これが最終結論、美容のプロたちが惜しまず投資した「美容ギア」! 五選

    エクラ世代の一番の悩みは、塗っても隠せないたるみ。スキンケアでは難問とされている、肌の引き上げができるのが美容ギアの真骨頂! 肌の引き締めやリフトアップのほか、頭皮やヘアケアにも効果的なギアの数々を、美容のプロがレコメンド。

    eclat五選

    2019年1月15日

  • お仕事スタイルを格上げ! 最新耳寄り情報 五選

    パンツスーツに合わせたい小物や、さまざまなビジネスシーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。

    eclat五選

    2019年1月15日

FEATURE
  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

  • レイコローラン占い

    レイコローランの占いブログ始動!

  • 50代のお悩み

    ファッションや美容、健康、仕事や貯蓄、老後の悩みまで50代女性のリアルな悩みをご紹介。

ランキング