夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

2018年7月16日
「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

1.料理家・松田美智子さんの「ごぼうと豚バラ肉のカレー」

ごぼうの風味が香るあっさり和風味。担当編集が急に打ち合わせでうかがった際、出てきて感動!

材料(4人分)

ごぼう(30㎝長さ)……3本
豚バラ薄切り肉……400g
塩……小さじ1
A 
にんにく、しょうがのみじん切り……各大さじ1
ごま油……大さじ1

三温糖……小さじ1
カレー粉……大さじ2〜2½
白ワイン……大さじ3
チキンスープ……4カップ

B 
オイスターソース……大さじ1〜2
ナンプラー……大さじ1
塩……小さじ1強
こしょう、白炒りごま……各適量

ごはん(好みのもの)……適量

作り方

❶豚バラ肉は5㎜幅×4㎝長さに切り、塩をしてラップで包み、3時間ほど冷蔵庫へ。ごぼうはタワシなどで洗って縦半分に切り、スがあれば除き、6〜7㎝長さの短冊切りにする。
❷厚手の鍋にAを入れて中火にかけ、香りがたったら、①の豚肉を入れて炒める。ほぼ火が通ったらごぼうを炒め合わせ、しんなりしたら三温糖を加えて炒める。カレー粉を加えて、焦げないようにしっかり炒める。
❸白ワインとチキンスープを加えて蓋をせずに5分ほど煮る。Bを加えて混ぜ、火を止める。
❹器にごはんと③、好みで薬味を盛り合わせる。

MEMO

写真のごはんは黒米入り(米2カップ、黒米大さじ2の割合)。薬味は種とわたをとって、繊維を断ち切るように細切りにしたピーマン。

What's New新着記事

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング