見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

2018年7月14日
ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.デニムをぐっと洗練させる透けブラック
ほんのり肌が透けるブラックはドレッシーさもあり、デニム合わせも大人っぽく決まる。黒でも重く見えず涼やかさも。

ブラウス¥25,000/エストネーション(コル ピエロ フォー エストネーション) デニムパンツ¥25,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ピアス¥7,700・バングル¥12,250/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ソコ) バッグ¥64,000/八木通商(ダニエル&ボブ) インナー/スタイリスト私物
2.シンプルな定番Tシャツも、
黒ならきちんと感3割増
洗濯回数が増える夏に欠かせないTシャツは黒を選んできちんと感アップ。パープルのスカートや小さめバッグと合わせてお出かけ仕様に。

Tシャツ¥7,800/スリードッツ青山店(スリードッツ) スカート¥59,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス) ピアス¥88,000・バングル¥52,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥134,000・靴¥82,000/ジミー チュウ
3.黒を加えて夏配色を落ち着いた印象に
冷房や紫外線対策に便利なロングカーディガンは、ガーゼのように軽やかな黒で縦ラインを強調し、ほっそりと見せて。

カーディガン¥30,000/アパルトモン 神戸店(ミニッツ) カットソー¥11,000(リダン)・バッグ¥158,000(J&M デヴィッドソン)/以上ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店 パンツ¥25,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥28,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)
4.分量の多い黒は透け感がポイント
短い丈よりもぐっと涼やかに見えるさりげないすその透け感。後ろで結んだリボンが大人のかわいげと遊び心を感じさせてくれる。

スカート¥45,000/クルーズ(ELIN) Tシャツ¥12,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バングル¥8,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バッグ¥48,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK)靴¥17,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)
5.遊びの効いた小物も黒で大人なムード
暑い夏は疲れないフラットサンダルや、軽いミニバッグがいい。カジュアルなデザインも黒を選べばほどよくモード感がアップし、ラフすぎない。

バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥33,000/アンタイトル(ファビオ ルスコーニ) ドレス¥89,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(KAORU)

What's New新着記事

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング