ワクワクを楽しむ服。「富岡さん、大人のGucciに夢中です」 五選

2018年8月15日
深まる季節に誘われるかのようにおしゃれへの思いが強まっていく、秋。年齢を重ねた今、改めて装うことの楽しみを教えてくれるGucciの新作に心ときめかせて。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.クラシカルなディテールでレディな
たたずまいを醸し出す瀟洒なワンピース
スパンコールがちりばめられたツイード素材と、端麗なシルエットが見事に織り混ざったワンピースは、身にまとうだけで気品が香りたつ。高めのウエスト位置にあしらわれた、ブランドのアイコンであるホースビットモチーフのベルトがアクセントに。さらにクラシカルな小物を添えて、美しい装いを完成させて。

ワンピース¥390,000・バッグ¥217,000・靴¥105,000/グッチ ジャパン(グッチ)
2.リュクスな存在感を放つ
パンチのきいたバッグを装いのキーアイテムに
贅沢にスエードを使用したこっくりブラウンのビッグサイズのトートバッグ。アイコニックなグリーンとレッドのウェブ ストライプを飾るきらめくタイガーヘッドが、抜群の存在感を発揮。こんなリュクス感たっぷりのインパクトバッグを装いに加えれば、何げない日常も映画のワンシーンのようにドラマチックに変化しそう。

シャツ¥135,000・パンツ¥140,000・アイウェア¥54,000・バッグ¥276,000/グッチ ジャパン(グッチ)
3.ネイビーをポイント使いにした
ホワイトコートが洗練されたムードを放って
ステッチがきいたネイビーの大きめラペルとさりげないAラインのシルエットでクラシックなムードを放つホワイトコートは、デニムにジャストフィットするスタイリッシュさが魅力。ボウブラウスのレッドをのぞかせれば、秋らしいムードが加わる。

コート¥425,000・ブラウス(ボウタイつき)¥155,000・ボストンバッグ¥240,000・靴¥90,000/グッチ ジャパン(グッチ) デニム/モデル私物
4.まるでアクセサリーのように
装いに華やぎを添える鮮やかなグリーンニット
ふんわりと肌になじむクルーネックのニットは、美しい発色のグリーンと同色のフラワーブローチがアクセントになって着映え感も抜群。動きに合わせて揺れるラップ仕様のプリーツスカートは、サイドに並んだテントウムシのボタンがチャーミングなポイントに。シンプルにかけ合わせて、上品に着こなしたい。

ニット(フラワーブローチつき)¥145,000・スカート¥265,000/グッチ ジャパン(グッチ)
5.つやめくテクスチャーと
上品なピンクのカラーが新鮮なアクセントに
スカーフは細めの幅で長めのデザイン。テクニックいらずで、何げなく巻くだけで優雅さも、上品な華やかさも手に入る。ブラックのワントーンコーデにさらりと加えて、年齢を重ねた女性にだけ許されるシンプルなエレガンスを存分に楽しみたい。

スカーフ¥43,000・カーディガン(フラワーブローチつき)¥175,000・キャミソール(参考商品)・パンツ¥105,000/グッチ ジャパン(グッチ)

What's New新着記事

  • 買わないと帰れません!京都通が選ぶ「持ち帰り」の逸品 五選

    家路も旅のうち。京都の余韻に最後までとことん浸りたいあなたのために。エクラ世代の京都通が、「絶対に買って帰る!」と愛してやまない逸品とは?

    eclat五選

    2018年9月18日

  • 目利きが夢中になる、麗しマダムの美容ニュース 五選

    多くの美容情報の中から、エクラ世代の肌を変える力をもつ"効くコスメ・施術"を鋭く見ぬき、それらを駆使して美肌をキープしつづける美容業界のJマダムたち。そんな彼女たちが私的にハマっている特上の美容ネタ、ホントは人に教えたくない㊙情報をスクープ。その魅力を、リアルボイスとともに惜しみなくお届け。

    eclat五選

    2018年9月17日

  • パステルカラーと合わせてフェミニンに!秋の「ホイップグレー」 五選

    エクラ世代の新ベーシックカラー「ホイップグレー」に合わせたいのは、今年の秋冬に大充実のパステルカラー。肌映えのよい柔らかなきれい色はグレー合わせで簡単に取り入れ可能。心はずむ配色で幸せ見えもかなう!

    eclat五選

    2018年9月17日

  • 大人の京都旅のごほうびは、絶品甘味で! 五選

    素材や作り方からも"まじめさ""正しさ"が伝わってくる京都の甘味。ほっとひと息つく時間さえも極上にしてくれる、その幸せをかみしめたい! 京都通の推薦コメントも参考に。

    eclat五選

    2018年9月15日

  • 肌本来の透明感とおしゃれ感を引き出す「こっくりベリーリップ」 五選

    ここ数年注目の深い色合いのベリーはこの秋も豊富。肌の透明感を引き出し、女度もぐんと上げる効果はアラフィーこそ使いこなしたい色。ほかのメイクはミニマムにして、カジュアル服に合わせるのが千吉良流大人のおしゃれベリー使いバランス。「リラックスしたいシーンにこそつけてほしいカラー。フランスの大人の女性がノーメイクにリップだけぽんとベリーに染める。そんなイメージです。ぜひチャレンジを」(千吉良さん)。

    eclat五選

    2018年9月15日

FEATURE
ランキング