大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選

「ナチュラルでいたいからノーファンデ!」のような、自己流美容を貫いてませんか? 大事と信じていたことが、実は意味のないことだったり、やりすぎが老け肌の原因だったり……。今のきれいに必要なメイクについて、「ツヤ」と「線」が主役で色は脇役と心得る、ヘア&メイクアップアーティスト藤原美智子さんが語ります。
ヘア&メイクアップアーティスト・藤原美智子さん
ヘア&メイクアップアーティストとして大活躍するほか、近年はライフスタイルブランド「MICHIKO.LIFE」のプロデューサーとしても活動中。美しく生きるための方法をさまざまな方向から探り、大人のきれいと心地よさをトータルに提案。ラ・ドンナ主宰。

1.シミ、くすみカバー必須なエクラ世代のノーファンデが、「疲れた印象」の原因だった!

「ナチュラル」を目ざすエクラ世代が陥りがちな最大のワナが「ノーファンデ」。「隠せないシミ、しわ、くすみ。そこに秋冬の乾燥が加わり、他人からは『いじわるな印象』『疲れた感じ』に見えてしまいます。エクラ世代のファンデーションは必須。スキンケア感覚で使える軽いものなどを選んで、肌の輝きや潤い感だけは死守して」。
大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選_1_1
(右)エクストラ リッチ グロウ クリーム ファンデーション(9/7発売)¥10,000/SUQQU 
(中)ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール 
(左)クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ(9/21発売)¥9,000/資生堂インターナショナル

What's New新着記事

FEATURE
ランキング