テーマは"感動"。完全予約制の美味なる隠れ家 肴

2016年11月22日
小京都とも称される古き美しき街並みが、近年は海外の観光客にも大人気の飛騨高山。酒造りも盛んなこの街で、地酒をお供に、飛騨牛に舌鼓を打つ至福の時間が楽しめる店をご紹介。
飛騨牛食べ比べコース(¥13,000・税込)は、サーロイン、ミスジ、ランプをそれぞれ80gずつ味わえて満足度たっぷり。石で焼き、塩でいただく
店主の今井さんは、高山の中心街にあった店を、少し離れた見晴らしのいい場所へと5年前に移した。豊かな自然を生かして何ができるか……毎朝山へと出向き、春は山菜、夏は川魚、秋はきのこ、季節折々の食材を調達し腕をふるう。全国に常連をもつお店だ。A-5等級のみを使う飛騨牛の石焼きは、「お肉はタイミングがなによりも大事」と、スタッフがつきっきりでサービス。「松阪牛や神戸牛に比べ、飛騨牛の脂はすっきりしているので、かなりサシの入ったお肉でも、2枚、3枚……とお箸がのびます。シンプルに塩で味わうなら、タンニンがじゃまをする赤ワインより、キレとうま味のある大吟醸」。肉=赤ワインの固定観念が吹き飛ぶ、いつまでも余韻を噛み締めたいマリアージュ!
  • おまかせコース(¥9,000~・税込)には、飛騨牛のふき入り朴葉味噌焼きなど、高山の郷土料理が組み込まれることも
  • 店主自ら手がけた石の中庭から望む、古民家風の離れ。ほかにモダンなカ1 ウンター席、掘りごたつ席もある
中央の「秘封蓬莱」大吟醸は、酒袋から滴る雫を熟成させた飛騨古川町の蔵元、渡辺酒造店の傑作。ほか「空」など、全国の蔵元から逸品が集まる
岐阜県高山市越後町1126の1 
☎0577・36・1288
12:00~15:00、17:30~22:00 
カウンター8席、和室(4〜10名)ほか
完全予約制 
JR高山駅からタクシーで8分ほど。季節の地元食材や里山の様子が
アップされる店主ブログも必見。「肴店主の日記」で検索を

What's New新着記事

FEATURE
ランキング