国内旅行の決め手、観光よりも重視したいのはズバリ○○!

2016年12月1日
自由になる時間が増えてきたJマダムたちは、旅行が大好き。いったいどのくらいのペースで行っている? 旅先を決めるときのこだわりは? Jマダムのトラベル事情をのぞいてみた。
日程を調整し、宿を探して予約し、交通手段を手配してと、旅にはなかなか手間のかかる作業がついて回る。それでも、フットワークが軽く興味のアンテナを広く張り巡らせているJマダムたちにとって、旅行はおおいに好奇心をそそられる楽しみのようだ。国内に限ると、実に44%もの人が半年に一度のペースで旅行していると回答。2~3か月に一度、つまり年に4~6回は旅をすると答えた人も約3割いた。さらに、毎月どこかしらに出かけているというツワモノも一定数存在。旅行は、Jマダムたちの暮らしに欠かせないエッセンスになっている。
旅行の何を重視しているかが分かれば、旅の目的や興味の対象が見えてくる。そこで、行き先を決める際に一番こだわるポイントを聞いてみた。すると、「ホテル・旅館のグレード」と「食事のおいしさ」がともに24%で一位に。観光やアクティビティよりも、“どこに泊まるか”が旅の目的になっている様子。いい宿に滞在し、非日常の時間と空間にゆったりと身を任せるスタイルがJマダム流だ。
ホテルや旅館へのこだわりは、リピート率にも表れている。チームJマダムの半数が、「2回以上訪れている宿がある」と回答。今はまだリピートするほどのお気に入りがなくても、「いずれ気に入った宿が見つかればリピートしたい」人も39%いた。「学生時代に初めて訪れてとても気に入った温泉宿に、母や夫と何度か訪れています。かれこれ30年のお付き合いですね」(No.28 上土橋康代さん 理学療法士・53歳)

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング