宿のグレード重視のJマダムの旅。宿泊代は、おひとり○○円が相場?!

2016年12月15日
Jマダムたちのトラベル事情第2弾。国内旅行はたまの休息日であり、自分へのご褒美。だから宿にはこだわりたいし、気の置けない同行者と往復の旅路も満喫したい! Jマダムの旅スタイルを追った。
ホテルや旅館にこだわるのがJマダムたちの旅スタイル。ではいったい、どのくらいのグレードの宿を選んでいるのか気になるところ。下のアンケート結果は、“何泊するかに関係なく、1回の国内旅行にかけるひとりあたりの宿泊費”を聞いたもの。2~5万円の層が65%で圧倒的多数、5万円以上という人も3割いた。これはつまり、最低でも1泊につきひとり2万円以上の宿をセレクトしているということに。
宿選びや宿泊費に対する思いを聞いてみよう。「北海道や沖縄のリゾートホテルが好き。宿泊費は時期によってかなり違うので2~10万円と開きがあります」(No.17 上井結城さん フィッティングモデル・47歳)「年に1回の旅行でエステやスパを堪能したいので、5~10万円の少々お高めのホテルをチョイス。1年がんばった自分へのご褒美です」(No.29 垣花和美さん 主婦・46歳)「食事にこだわりのある宿を選ぶと、どうしても2~5万円くらいはしますね」(No.50 菅井かおるさん ブロガー・50歳)。たまの休息日、思い思いの好みや目的に応じた宿選びを楽しんでいるようだ。
行き帰りの旅路も旅行の楽しみのひとつ。主な交通手段を聞いたところ、自家用車が34%で1位、2位は飛行機の26%、そして新幹線の23%が続く。また、主な同行者は“夫やパートナーとふたりで”、“子どもと家族で”、“両親や叔母、姉妹など肉親と”が、それぞれ25%前後で拮抗。“女友達と”という人も18%いた。Jマダムたちの旅スタイルは、ひとつのワクには収まり切れない広がりを見せている。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング