宿のグレード重視のJマダムの旅。宿泊代は、おひとり○○円が相場?!

2016年12月15日
Jマダムたちのトラベル事情第2弾。国内旅行はたまの休息日であり、自分へのご褒美。だから宿にはこだわりたいし、気の置けない同行者と往復の旅路も満喫したい! Jマダムの旅スタイルを追った。

ホテルや旅館にこだわるのがJマダムたちの旅スタイル。ではいったい、どのくらいのグレードの宿を選んでいるのか気になるところ。下のアンケート結果は、“何泊するかに関係なく、1回の国内旅行にかけるひとりあたりの宿泊費”を聞いたもの。2~5万円の層が65%で圧倒的多数、5万円以上という人も3割いた。これはつまり、最低でも1泊につきひとり2万円以上の宿をセレクトしているということに。

宿選びや宿泊費に対する思いを聞いてみよう。「北海道や沖縄のリゾートホテルが好き。宿泊費は時期によってかなり違うので2~10万円と開きがあります」(No.17 上井結城さん フィッティングモデル・47歳)「年に1回の旅行でエステやスパを堪能したいので、5~10万円の少々お高めのホテルをチョイス。1年がんばった自分へのご褒美です」(No.29 垣花和美さん 主婦・46歳)「食事にこだわりのある宿を選ぶと、どうしても2~5万円くらいはしますね」(No.50 菅井かおるさん ブロガー・50歳)。たまの休息日、思い思いの好みや目的に応じた宿選びを楽しんでいるようだ。

行き帰りの旅路も旅行の楽しみのひとつ。主な交通手段を聞いたところ、自家用車が34%で1位、2位は飛行機の26%、そして新幹線の23%が続く。また、主な同行者は“夫やパートナーとふたりで”、“子どもと家族で”、“両親や叔母、姉妹など肉親と”が、それぞれ25%前後で拮抗。“女友達と”という人も18%いた。Jマダムたちの旅スタイルは、ひとつのワクには収まり切れない広がりを見せている。

What's New新着記事

  • Jマダムの花物語:一面の花に癒されて

    かつてミス目黒に選ばれ、数々の女性誌の読者モデルとして活躍しているチームJマダムのWさん。手作りの絹玉アクセサリーを販売し、子どもたちの塾を開いたりと、多方面で華やかに活躍しているが、子どもの頃は引っ越しでつらい思いも。ところが新しくできた公園の花が、Wさんの心をすくい上げた。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月25日

  • Jマダムの花物語:長瀞の枝垂桜が心の原風景

    小型船舶操縦士の免許をもち、クルージングしながらおいしい料理が楽しめる船上レストランのオープンを目指す、チームJマダムのSさん。今から10年前に行った長瀞の桜体験が、心の原風景として親子の記憶に強く残っているという。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月18日

  • ○○好きが、優雅なJマダムのあかし!

    その存在自体が日本に優雅さと上品さをあたえているのがJマダム。そんなJマダムたちが愛しているのは、やはり、花。季節ごとに庭の草花を植え替え、リビングには切り花を飾って華やかに。

    50代のリアル

    2017年4月15日

  • 親はいつもまでも親。でも・・・。

    エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。

    裏エクラ

    2017年4月15日

  • Jマダムにぴったり! 美と健康は韓国薬膳で

    韓国薬膳を学びに、よく韓国を訪れているのが、チームJマダムのMさん。最近習った韓国薬膳料理には、女性の体をいたわる工夫が随所に。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月11日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録