宿のグレード重視のJマダムの旅。宿泊代は、おひとり○○円が相場?!

2016年12月15日
Jマダムたちのトラベル事情第2弾。国内旅行はたまの休息日であり、自分へのご褒美。だから宿にはこだわりたいし、気の置けない同行者と往復の旅路も満喫したい! Jマダムの旅スタイルを追った。
ホテルや旅館にこだわるのがJマダムたちの旅スタイル。ではいったい、どのくらいのグレードの宿を選んでいるのか気になるところ。下のアンケート結果は、“何泊するかに関係なく、1回の国内旅行にかけるひとりあたりの宿泊費”を聞いたもの。2~5万円の層が65%で圧倒的多数、5万円以上という人も3割いた。これはつまり、最低でも1泊につきひとり2万円以上の宿をセレクトしているということに。
宿選びや宿泊費に対する思いを聞いてみよう。「北海道や沖縄のリゾートホテルが好き。宿泊費は時期によってかなり違うので2~10万円と開きがあります」(No.17 上井結城さん フィッティングモデル・47歳)「年に1回の旅行でエステやスパを堪能したいので、5~10万円の少々お高めのホテルをチョイス。1年がんばった自分へのご褒美です」(No.29 垣花和美さん 主婦・46歳)「食事にこだわりのある宿を選ぶと、どうしても2~5万円くらいはしますね」(No.50 菅井かおるさん ブロガー・50歳)。たまの休息日、思い思いの好みや目的に応じた宿選びを楽しんでいるようだ。
行き帰りの旅路も旅行の楽しみのひとつ。主な交通手段を聞いたところ、自家用車が34%で1位、2位は飛行機の26%、そして新幹線の23%が続く。また、主な同行者は“夫やパートナーとふたりで”、“子どもと家族で”、“両親や叔母、姉妹など肉親と”が、それぞれ25%前後で拮抗。“女友達と”という人も18%いた。Jマダムたちの旅スタイルは、ひとつのワクには収まり切れない広がりを見せている。

What's New新着記事

  • 50代のお出かけ② 私だけの紅葉穴場スポットは●●!

    秋のお出かけといえば紅葉狩り。Jマダムたちが紅葉狩りの場所選びでこだわるのは、いったいどんなこと? 人気のスポットは? アラフィー女性の紅葉狩り事情をリサーチ!

    50代のリアル

    2017年10月21日

  • 50代のための紅葉スポット!③ファミリーで1日レクも楽しめる!

    子どもも大人も、家族みんなで楽しめる紅葉スポットをご紹介。茶店やケーブルカーもあるにぎやかな山道と、小さな動物園がある都会の自然豊かな公園。秋の1日をアウトドアで楽しんで!

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年10月17日

  • 50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…

    男性と女性では、脳のつくりが違うのだそう。長くつきあっていると考え方が少しずつ似てくるような気もするけれど、ふとした時に、たしかに男女の間には深い深い溝があることを思い知らされる。でも、だからこそおもしろかったり、夫や恋人がかわいらしく見えたり。そんな男たちの生態について、Jマダムのみなさんに改めて聞いてみた。

    裏エクラ

    2017年10月14日

  • 50代のための紅葉スポット!②買い物の途中で、イチョウ並木を散策

    Jマダムおすすめの紅葉スポットを紹介する連載第2回は、都会のイチョウ並木。ショッピングのついでに、女友達とのランチの帰りに、のんびりそぞろ歩くのもオツなもの。映画の1シーンのようなヒロイン気分を味わえる…かも⁉

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年10月10日

  • 50代のお出かけ① 遠出が気持ちいい秋。行きたいのはやっぱり…!

    美しいもの、おもしろいこと、美味しい食べ物を求めてフットワークも軽く活動するJマダムたち。遠出にぴったりのこれからの季節、どこへ、何をしに出かける? Jマダムたちの遠出に密着!

    50代のリアル

    2017年10月7日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング