春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>

3月のテーマ「春に向けての美肌対策」 〜No.2<うぶ毛ケア>〜

2019年2月15日
エクラ世代の美容愛好家・野毛まゆりとビューティライター北林道子が、「知りたいのにどこにも情報がない」、「これって本当のところ、どうなの?」といったエクラ世代の美容の疑問を調査&ご紹介!

みんなどうしているんだろうと思いつつ、そのまま放置、もしくは自己流で処理しがちな顔の「うぶ毛」。なんとこの「うぶ毛」が、メイクののりを左右したり、くすみやあかぬけない印象の原因になったり、スキンケアの浸透を妨げたりしていることもあるらしいんです。今回はこの「うぶ毛」を一掃すべく、野毛、北林が2種類のケア法をご紹介。春の明るい日差しに映える肌を目指します!

☆自分でケアする場合

「エクラ世代のうぶ毛処理は、『若い頃からずっとカミソリ』という人が多いのではないでしょうか。私もかつてそうだったのですが、やはり昔ながらの”自己流ケア”は肌の負担が大きいため、ここ数年は、気になる部分のみ音波振動タイプのカミソリを使用しています。ポイントはシェービング前後の保湿。私は洗顔後ミストで軽く保湿してからシェーバーを使い、使ったあとも、肌のコンディションに合わせ、化粧水や美容液などでしっかり保湿します。電気シェーバーは、保湿しすぎた肌には当てづらくしっかり剃れないので、剃る前は”ほどほど保湿”が肝心です。うぶ毛はそんなに気にならないという人もいますが、実際処理してみると、まずファンデーションののりが驚くほど良くなり、『うぶ毛でこんなに違うのか』と思うはず。パウダーファンデーションやルースパウダー、パウダーチークなどは、見事にうぶ毛にからみ、むしろフサフサ感を強調させている場合もあるので(笑)、”粉もの”を愛用している人はとくに実感するはずです。」(野毛)

春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_1

音波振動シェーバー

「1秒間に約100回の高速振動で、うぶ毛をしっかりとらえる音波振動カミソリ。痛くない、手軽、怖くない、面倒じゃないと、デメリットを感じないところが魅力。ドラッグストアやネットなどで購入できます。」(野毛)bi-hada ompa \1,000/貝印

春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_3

シェービング後のスキンケア

簡単につけられる泡状の美容液で、肌のすみずみまで保湿してくれます。電動とはいえ、カミソリ使用後の肌は不安定。その緊張感も瞬時に癒してくれるような感覚があり、とても重宝しています。肌のコンディションがよければ、そのままマッサージすることも。その後のスキンケアの浸透が違ってきます。」(野毛)Red B.A ビギニングエンハンサー70g¥6,800/ポーラ

☆プロの手に委ねる場合

「乾燥&敏感肌の私は『肌にカミソリを当てるなんてコワイ…』と、うぶ毛はほぼノーケア。そんな折、『女性専用のシェービングサロンがある』との情報を得て、プロの手に委ねるなら心配ないはずと行ってみました。このサロンは、うぶ毛とともに、“古い角質”も一緒に除去してくれるというのが特徴で、シェービング以外にもマッサージやパックなどがコースに組み込まれており、エステに行ったような心地よさ。シェービング中も、痛みや刺激はなく、何度もそのまま寝てしまいそうになりました。終わったあと、根こそぎ不要なものが取れたため、ちょっと肌が”心もとない”感じもありましたが、透明感、なめらかさが驚くほどアップ。プラスαの効果として、なぜだかシワまで薄くなりました。不思議。」(北林)

  • 春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_5-1
  • 春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_5-2

まずはシェービングの下準備

「全部で3種類あるシェービングコースのうち、私はいちばんスタンダードな「ブライトアップスキンシェービング」(75分¥9,000)をチョイス。スチーマーを当ててのクレンジング後、マッサージのフェイストリートメント(写真左)、ローションを含ませたマスクでの保湿(写真右)を経て、シェービングに。しっかり肌の準備をして、効率的にうぶ毛&古い角質を取り去るためなんだそう。」

  • 春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_6-1
  • 春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_6-2
  • 春に向けての美肌対策〜No.2<うぶ毛ケア>_1_6-3

うぶ毛&古い角質を取り除く

「専用のクリームをハケで塗ってから(写真左)、カミソリを使ってシェービング(写真中)。うぶ毛を剃っているというより、何かが肌の上を滑っているような感覚でストレスゼロ。もみ上げ部分もキレイに処理してくれます。このあとは肌を鎮静させるマスク、スキンケアで終了。オプションで、薄着になっていくこれからのシーズンを考え、襟足のシェービング(写真右/15分・¥2,500)もプラス。こういったところは自分ではどうにもケアできないので、やはりプロにまかせるのがおすすめです。このほか眉や背中、二の腕など、たくさんのオプションあり。コースとセットにしてもいいし、単品だけでも頼めるそう。水着を着るとか、襟ぐりの開いたドレスを着る前に駆け込むことも可能!」(北林)

<サロンData> fini 渋谷ヒカリエShinQs店

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQs地下1階ビューティフロア

営業時間:10:00~21:00

電話番号:予約センター0120-015-723 店舗直通03-6434-1783 

美容愛好家 野毛まゆり
外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。

美容ライター 北林道子
大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング