「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選

2019年2月15日
本格的な寒さは続くけれど、ダークカラーの重い装いには少し飽きてくるころ。そんな日には、今すぐ楽しめる「色」から春を先取りしてみては。なかでも、今季は思わず「着てみたい!」と心ときめくピンクが大豊作! エクラ世代にこそ似合う、上手な選び方のコツをつかんで。
「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選_1_1-1

1/5

「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選_1_1-2

2/5

「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選_1_1-3

3/5

「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選_1_1-4

4/5

「トーン」「テイスト」「ブランド」の基準で選ぶ、大人のピンク 五選_1_1-5

5/5

1.まろやかなピンクベージュで大人のレディ感を楽しむ
大人にぴったりなピンクといえば、ベージュとの中間に位置するあいまいな色み。肌なじみがよく、それでいて顔映えもアップしてくれる絶妙なトーンをねらいたい。ベージュにつなげるように小物をコーディネートすることで、全体が品のあるピンクスタイルに仕上がる。

ニット¥90,000・スカート¥160,000/ブラミンクピアス¥774,000/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
2.咲くような上品さをまとうくすみピンクのワントーン
コートの中をピンクのワントーンでまとめることで、今までのトラッド感とはまったく違うトレンチスタイルに。上下ピンクという挑戦コーデだからこそ、色のトーンはくすんだ色みが正解。

ニット¥25,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パンツ¥33,000/ebure コート¥99,000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) メガネ¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥93,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥45,000/トゥモローランド(ヴァジック) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
3.ピンクでかわいげは十分だから甘さなしのデザインで辛口に
そっけないほどシンプルなTシャツやリネン混のテーラードジャケット、ゆるっとした太めパンツなど、どのアイテムもデザインにかわいげはいっさいなし。色がもつ甘さを前面に出さないぐらいが大人にはちょうどいいコーディネートに。

ジャケット¥72,000・バッグ¥68,000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) Tシャツ¥8,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) パンツ¥30,000/オーラリー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) リング¥246,000/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム)
4.タイトスカートに強いピンク。ときめくバランス感
スカートでピンクを取り入れるなら、シルエットはフレアよりも、タイトめを選んでシャープに。足もとのボリュームスニーカーや大きめのフーディで、スポーティなエッセンスをプラスすると、より今どき感のある着こなしに。甘さの少ない強めのピンクを選ぶのも辛口へシフトしてくれるポイント。

スカート¥49,000/WEST(ブルーバード ブルバード) ブルゾン¥46,000・Tシャツ¥10,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥22,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
5.女らしいのにハンサム。手に入れたいのはその絶妙バランス
装飾を排したシンプルなシャツ&スカートに、ラベンダーピンクで洗練された大人の女らしさを表現。メンズが得意な「オーラリー」らしく、スイート&ラブリーなテイストとは無縁の、すがすがしさまで感じさせるピンクスタイルがここに。

ノースリーブシャツ¥34,000・スカート¥36,000/オーラリー コート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥37,000・リング(小指)¥53,000・リング(人さし指)¥58,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

What's New新着記事

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

    eclat五選

    2019年3月18日

  • 洗練された大人の雰囲気をキープ!「リッチベージュ小物」 五選

    大人に寄り添うリッチベージュは、小物でも魅力的な存在感を発揮。都会派&ナチュラル派のための、注目小物をピックアップ!

    eclat五選

    2019年3月16日

  • 大人は「旬ジャケット」で得をする! 五選

    大旋風を巻き起こしているこの春のジャケットは、まじめさや堅苦しさとは無縁! 素材のカジュアルさや色の軽さ、ゆったりとした長めのシルエット など、緊張感ゼロで着用できるものばかり。スタイルアップなど大人にうれしい効能も。さあアウター感覚のジャケットで春の街へ出かけよう!

    eclat五選

    2019年3月16日

  • リッチベージュのベスト配色は、"親戚カラーでワントーン風" 五選

    新しい春のスターターカラーとして、この春マークしたい"リッチベージュ"。ベースとなるベージュに"近い"絶妙な色選びが素敵に着こなすカギ。特に今年らしい5つの具体例で、洗練された雰囲気を手に入れて!

    eclat五選

    2019年3月13日

FEATURE
ランキング