進化したコスメでスキンケア方法を更新。"エイジング乾燥"にSTOPを! 五選

2019年2月18日
潤しても、潤しても、肌がカサつく。メイクがのらないばかりか、しわ、たるみ、くすみも悪化してきて焦りを感じているエクラ世代も多いはず。それはこれまで経験のある越冬の乾燥肌ではなく、アラフィーの肌に起こる特有の"エイジング乾燥"。今までと同じコスメ選び&お手入れをしていたら、"エイジング乾燥"はすすむ一方。空気がカラッカラの今だからこそ、速やかにスキンケア方法をアップデート! "エイジング乾燥"をこじらせないばかりか若いころの潤いハリ肌を取り戻し、自信を回復するチャンス!

1.まずは土台を整備。潤いをため込む肌を育てる

まず行うべきは、硬く干からびた肌を耕し、潤いの道すじをつけること。硬さの原因となっている古い角質を穏やかに取り去って、肌をリニューアル。さらには、瞬時に浸透して乾ききった肌細胞を水風船にする高機能化粧水で、「大人の水やり」を。
進化したコスメでスキンケア方法を更新。"エイジング乾燥"にSTOPを! 五選_1_1

化粧水は「量より質」

惜しみなく使える化粧水をジャブジャブ使って潤うのは、30代まで。年齢を重ねた肌に必要なのは、質にこだわり、適量で確実に潤う高機能化粧水。洗顔後のファーストステップで肌を活性化させ、貯水力をアップさせる成分を吟味した化粧水を。
①アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リフティングローションEX V
日本古来の伝統的技術であきたこまちを発酵させ抽出した、ライス発酵液配合。乾燥でしぼんだ肌を柔らかくしながら潤し、あとから使うアイテムの浸透ルートを確保。120㎖ ¥6,000

②エスト ザ ローション
乾燥環境でも生きぬく生物が生み出す成分、エクトインを配合。細胞の貯水力を上げ、肌を水がめに。とろみテクスチャーが肌にのせるとほどけてスッと浸透。140㎖ ¥6,000

角質ケアを怖がらない

古くなった角質は肌を守ってはくれず、むしろ潤いの浸透を妨害。肌の生まれ変わりをじゃまする、老化の元凶。日々のクレンジングで徐々に古い角質を取り除き、週1~2回の角質ケアマスクを。肌に負担をかけず、確実に取り去る習慣をつけよう。
③コスメデコルテ フェイシャル リファイニング ピールオフ マスク
古い角質を一掃する、はがすタイプのマスク。取り去ると同時に、美容成分を送り込み、15~20分後にはがすと驚くほど明るく、もっちりとした肌に。週1~2回使用。83g ¥5,000

④イトリン エレメンタリー フェイスクレンジングクリーム
メイクとともにその日の老廃物をクレンジング。精油や植物オイルを贅沢に配合。心地よい天然の香りに包まれ、洗い流すと、うれしいくらいみずみずしく清らかな肌に。110g ¥12,000

What's New新着記事

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

    eclat五選

    2019年3月18日

  • 洗練された大人の雰囲気をキープ!「リッチベージュ小物」 五選

    大人に寄り添うリッチベージュは、小物でも魅力的な存在感を発揮。都会派&ナチュラル派のための、注目小物をピックアップ!

    eclat五選

    2019年3月16日

  • 大人は「旬ジャケット」で得をする! 五選

    大旋風を巻き起こしているこの春のジャケットは、まじめさや堅苦しさとは無縁! 素材のカジュアルさや色の軽さ、ゆったりとした長めのシルエット など、緊張感ゼロで着用できるものばかり。スタイルアップなど大人にうれしい効能も。さあアウター感覚のジャケットで春の街へ出かけよう!

    eclat五選

    2019年3月16日

  • リッチベージュのベスト配色は、"親戚カラーでワントーン風" 五選

    新しい春のスターターカラーとして、この春マークしたい"リッチベージュ"。ベースとなるベージュに"近い"絶妙な色選びが素敵に着こなすカギ。特に今年らしい5つの具体例で、洗練された雰囲気を手に入れて!

    eclat五選

    2019年3月13日

FEATURE
ランキング