赤は悪目立ちする!? アラフィーの思い込みを払拭Q&A【赤リップ編】

赤リップはむずかしいと思いがちなアラフィーに、ヘア&メイクアップアーティストの千吉良さんが指南! 「マットな赤リップってむずかしい?」「赤をつかうと下がり気味の口角が目立つ…」「口もとだけ派手に見える」などリアルなお悩みの声にお答えします。

アラフィーの思い込みを払拭!Q&A~赤編~

赤リップQ&A

1/4

赤リップQ&A1-2

2/4

赤リップQ&A1-3

3/4

赤リップQ&A2

4/4

Q.マットな赤リップをアラフィーが使うのはむずかしい?

→千吉良さんが回答!

A.輪郭をぼかせばカジュアルな仕上がりに

「リップラインを綿棒ですっとひとふきすると、輪郭がぼやけて、マットな赤もカジュアルな仕上がりになります。旬の質感なので、ぜひ、チャレンジしてみて」(千吉良さん)。コンスピキュアス リップス12 ¥4,500/アンプリチュード

Q.赤を使うと下がりぎみの口角が目立つ…

A.口角ラインにコンシーラーをひと塗り

「口角の輪郭のアウトラインにハイライト効果のあるコンシーラーをひと塗り。輪郭がきゅっと引き締まります。筆ペンタイプが描きやすくておすすめ。コンシーラーの外側のアウトラインは指でぼかして肌となじませて」(千吉良さん)


柔らかな光で肌を明るく修整する、ほどよいハイライト効果。目もとカバーにも。コレクチュールエクラプールレジューNO ¥6,000/クレ・ド・ポー ボーテ

Q.口もとだけ派手に見えちゃってなかなか手が出せない!

A.1枚ティッシュで押さえればなじみます

「発色のよい赤リップも何度かティッシュオフすれば肌や顔に自然になじみます。ティッシュオフは、2枚重なったままではなく、1枚にして使うのがポイント。1枚のほうがフィット感がよく、しっかり押さえられます」(千吉良さん)

教えてくれたのは……
ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん

ナチュラルからモードまで洗練された品のあるメイクに定評があり、メディアはもちろん、モデルや女優からも高く支持されている。近著の『毎日可愛くなれる『メイクのヒント』』(講談社)も好評。

アラフィーをおしゃれに見せるベージュリップ&赤リップ 記事一覧

  • ポンとひと塗りで女らしく。「幸せ感を上げる赤リップ」 五選

    「肌色も印象もパーンと明るくする効果が一番高いのが赤リップ」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、悪目立ちしてしまうのではとなかなか気軽に使えないエクラ世代も少なくないよう。「透けるような軽い質感なら、カジュアルでフレッシュな印象に使えます。コーラルなどあいまいな色を使うより、キリッとクリアな赤を一本持っているほうが大人の味方に」。

  • カジュアルでフレッシュな印象に! “赤リップ”の簡単プロセス

    赤の口紅に苦手意識のあるアラフィー世代も多いのでは? 「でも、実は大人が使うことで品が上がったり、若々しくなったり、おしゃれ度が断然増します」と千吉良さん。どんなシチュエーションも素敵に魅せる、この春の大人にマストな赤リップの選び方・使い方をお披露目!

  • 千吉良恵子が提案。おしゃれスタイルの品格を上げる「ベージュリップ」 五選

    ベージュと赤の口紅、苦手意識のあるエクラ世代も多いはず。「でも、実は大人が使うことで品が上がったり、若々しくなったり、おしゃれ度が断然増すのもこの2色」と千吉良さん。例えば、最旬のファッションでお出かけ、大切な人たちとの特別な会食、ずっと見たかったバレエ公演のソワレへ……。きちんと感が必要なシーンを洗練させるベージュを一本。

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング