50代 メイクの記事まとめ

  • 大人のファッションも肌も美しく魅せる「品ありベージュリップ」 五選

    「ヌーディなのに華があるのがベージュリップの魅力です」と、ヘア&メイクの千吉良恵子さん。でも、肌色に自信がもてない大人には難易度が高そう。「ほんのり血色を感じるピンクみのあるベージュを選ぶのがコツ。そして薄くなってきているアラフィーの唇に、厚みと潤い感を演出してくれるクリーミーな質感もマスト。この質感が、ベージュの特性であるきちんと感と、大人に必要な洗練された気品を引き出します」。

    eclat五選

    2019年3月19日

  • 上向きまつ毛をしっかりキープ! 厳選マスカラ&下地10本

    まばら毛、短い、たるみまぶた……目もとの印象が弱くなってきたと感じるアラフィーにこそ、ビューラー使いの見直しを! 自前のまつ毛を全力で上向きにすれば、もっともっと目もとが強くなります。ビューラーで上げたまつ毛は、マスカラ&下地でさらに上向きカールをキープして。美のプロが厳選した10本をご紹介。

    ビューティ

    2018年10月6日

  • 「今の目もと」にぴったりなシンデレラビューラーにチェンジ!

    まばら毛、短い、たるみまぶた……目もとの印象が弱くなってきたと感じるアラフィーこそ、ビューラー使いの見直しを! アラフィーは昔と今とでは目の形や大きさが変わっている場合があるので、今一度手お持ちのビューラーも見直してみるべし。表を参考に、自分の目に合っているものを探してみて。縦軸は目の横幅の広さを、横軸はアイホールのカーブの深さを表しています。

    ビューティ

    2018年10月5日

  • ビューラー使いで誰でもなれる! 50代「上向きまつ毛」のつくり方

    まばら毛、短い、たるみまぶた……目もとの印象が弱くなってきたと感じるアラフィーにこそ、ビューラー使いの見直しを! 自前のまつ毛を全力で上向きにすれば、もっともっと目もとが強くなれます。

    ビューティ

    2018年10月3日

  • 目力はペンシル、引き上げはリキットで目じりの下がりを自然に解消!【リフトアップメイク】

    「目力がなく目尻の下がった目もとを黒いライナーで囲むのは、かえって目を小さく見せる要因。黒色は目のフレームを締めすぎるから、黒以外のアイライナーを選んで。ペンシルとリキッドの2種のライナーを使えば、目力と引き上げがいとも簡単」とヘア&メイクアップアーティストの中野明海さん。上手なラインの入れ方を伝授。

    ビューティ

    2018年7月23日

  • チークの色は何色を選ぶべき? チークの“ここがわからない”を解決②【50代のお悩み】

    エクラ5月号では、不自然にならない美しいチークの入れかたをご紹介。ギュッと絞ったときに見える自分の血色の色を目安にするとわかりやすい。また、服の色みに合わせて選ぶと、自然でおしゃれな感じに。

    50代のお悩み

    2018年4月12日

  • 使うのは練り?パウダー? チークの“ここがわからない”を解決①【50代のお悩み】

    eclat(エクラ)5月号では、上手なチークの入れかたをご紹介。迷いやすい一つめはテクスチャー。素肌力が低下しているエクラ世代は、指づけできる練りチークの方が簡単に透明感&血色のある頬が完成します!

    50代のお悩み

    2018年4月10日

  • チークの位置がわからない!50代に送る“解決!チーク術”【50代のお悩み】

    「チークの頬は笑って高くなる位置に入れる」と言われてきましたが、悲しいかな、50代はその「高い位置」があいまいに…。eclat (エクラ)5月号では、素肌も表情もグンと美しく見える大人ならではのチークの入れ方をご紹介!

    50代のお悩み

    2018年4月6日

FEATURE
ランキング