「物語」のある時計 五選

「人生の節目に新しい時計を」。そういわれるのは、時計がいくつもの "物語" を象徴するから。ブランドや物自体がもつ歴史と品格はもちろん、それを重ね合わせる自身の人生、あるいはパートナーとの絆。さらに、子供たちへの継承といった視点も出てくるはず。大人としての成熟したエクラ世代が「これから」をともに過ごすにふさわしい名品の数々を、一挙に紹介!

1. AUDEMARS PIGUET の「ミレネリー」

「物語」のある時計 五選_1_1
時刻と機械式ムーブメントの動きを同時に確 認できる文字盤という、「機構」をデザイン に取り入れた斬新なスタイルが印象的。時計が本来もっている神秘性と遊び心を、洗練されたレディスモデルで見事に体現する。
(39.5×35.4mm、WG×PG×D、手巻き、MOP文字盤、サファイアクリスタルバック、アリゲーターストラップ)¥3,050,000/オーデマピゲジャパン(オーデマピゲ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング