<ケース1>精神面からお金のことまで、姑が夫に甘えすぎている【嫁姑問題のお悩みをプロが解決!】

姑との仲のよしあしに限らず、多くのアラフィー女性たちが姑の言動に悩み、不満や不安を抱いていることが判明。「精神面からお金まで、姑が夫に甘え、頼ってくる」という、あるアラフィー主婦のお悩みに、姑とガッツリ対峙した経験をもつ賢者たちが、ズバッと回答!

【case1】精神面からお金にいたるまで、姑が夫になにかと甘え、頼ってきます

去年台風で姑が暮らす家が被害にあったのですが、その修理代を夫に出してくれと。結婚して30年、お金の要求があったのは、これが3度目。最初は義妹の車の修理代(彼女は結婚しています)、2度目は甥の大学入学金。しかも、金額が毎回増え、今回はとうとう100万円! お金にかぎらず、なにかと夫を頼る姑&義妹。「甘えすぎでは?」と思うけれど、夫は、姑にも義妹にもデレデレで、断る気配はまるでなし。このままだと、私たちの今後の生活に支障が出るのではと不安に。(専業主婦・53歳・姑80歳)
<ケース1>精神面からお金のことまで、姑が夫に甘えすぎている【嫁姑問題のお悩みをプロが解決!】_1_1

専門家からのアドバイス

大原敬子さん「不満のタネは、“甘えられない自分”」

長年悩み相談を行っている大原さんは、開口一番、「悩みを聞くと、その人が心の底で何を求めているかがわかります。このかたの場合、キーワードは“甘え”」と。「甘えすぎ」と非難している=自分はそうしたいのにできないことの表れ。「だから、夫に上手に甘えている姑や義妹に腹立たしさを覚えるのでしょう。まずは、それを認め、甘えるにはどうしたらいいかを考えて。姑に、『どうしたら、お母さんみたいに甘え上手になれる?』と聞いてみるのも手。思いがけない嫁の行動に、姑があなたを見る目が変わるかもしれません。“息子の行動を黙って受け入れるよい嫁”を、無理に演じる必要なんてないんですよ。演じたところで、姑に好感をもたれるという保証はないのですから」。

横森理香さん「自分の感情より、丸く収まることを優先」

「たとえオッサンになったとしても、母親にとって息子は特別な存在だし、逆もまたしかり。なので、姑と夫の関係について苦々しく思っても、しかたがありません。ここは、自分の感情よりも、その場が丸く収まることを優先して。結果的に、それが自分の心の平穏につながりますから」。「夫が姑をケアしてくれるからラク」と考えれば、ふたりの仲を温かく見守れるかも。「ただし、お金だけは別。身内といえども、安易に援助してしまうと、次から次へと無心される危険性があるので要注意。あまりにひどければ、専門家に相談することも視野に入れて」。

教えてくれたのは…

人生相談のプロフェッショナル

「大原敬子の遊育会」代表 大原敬子さん

『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)の回答者を長年務め、厳しくも愛のあるアドバイスにファン多数。『悩みがスッキリ消える 嫁姑が幸せになれる100の知恵』(PHP研究所)をはじめ、女性の生き方やコミュニケーションに関する著書も多数。

大人女子を応援するアラフィー世代代表

作家・エッセイスト 横森理香さん

『「健康」「美」「幸せ感」をレベルアップする 大人女子力検定』(ディスカバー・トゥエンティワン)、『コーネンキなんてこわくない』(集英社)など、エクラ世代のリアルをつづったエッセーが好評。web「OurAge」にて“更年期チャレンジ”も連載中。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング