Jマダムの宝物。それは“家族の○○の品”

2016年12月28日
その人が何よりも大切にしているものは、その人の人生や価値観を表すもの。では、Jマダムたちの宝物とはいったい?
誰でも、子ども時代や恋の季節、仕事に夢中になった時期、結婚して家庭を築いて子どもを育てて…など、人生のさまざまなステージを経験してきたはず。それらを積み上げてアラフィフの今、何よりも大切にしている宝物があるとしたら、いったいどんなものだろう? チームJマダムに聞いたところ、「子どもが幼い頃に描いた絵」「ジュエリー」「親から受け継いだもの」「アンティーク家具」「ペット」など、さすがに人それぞれ。ざっくりとカテゴリー分けすると、下のグラフのようになった。
多かったのが、「家族との思い出の品」。詳しくみると、「娘の小学生時代の成長の記録はすべて保管している」や「子どもたちが幼い頃に作った工作を飾っている」など、子どもに関するコメントが目立つ。また、「子どもたちが独立してから夫婦で海外旅行するのが恒例。その思い出の品がひとつずつ増えていくのが楽しみ」「年に2回、両親を連れて親孝行の旅。そのときの写真はアルバムにしてリビングに常備」といった、パートナーや両親との時間を大切にしているという声も聞かれた。
次に多かったのが「ファッション」だが、こちらも「母から受け継いだジュエリー」や「20歳の記念に両親がそろえてくれたパールのネックレス」など、両親にちなんだアイテムを推す声が少なくない。家族を大切にするJマダムたちの姿が見えてくる。
ちなみに、何かコレクションしているものがあるかも聞いてみた。コレクションというと男性が凝りそうだけれど、趣味が多彩なJマダムたちも負けてはいない。こちらは、洋服やアクセサリー、ストール、腕時計、靴などの「ファッションアイテム」が38%で最多数。続いて、食器や骨とう品、アンティーク家具などの「うつわ・アンティーク」が30%で肉薄。それ以外は千差万別で、書籍、CD、ワイン、記念切手、御朱印、美術展の絵ハガキなど、趣味を謳歌している様子がうかがえる結果となった。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング