Jマダムの宝物。それは“家族の○○の品”

2016年12月28日
その人が何よりも大切にしているものは、その人の人生や価値観を表すもの。では、Jマダムたちの宝物とはいったい?

誰でも、子ども時代や恋の季節、仕事に夢中になった時期、結婚して家庭を築いて子どもを育てて…など、人生のさまざまなステージを経験してきたはず。それらを積み上げてアラフィフの今、何よりも大切にしている宝物があるとしたら、いったいどんなものだろう? チームJマダムに聞いたところ、「子どもが幼い頃に描いた絵」「ジュエリー」「親から受け継いだもの」「アンティーク家具」「ペット」など、さすがに人それぞれ。ざっくりとカテゴリー分けすると、下のグラフのようになった。

多かったのが、「家族との思い出の品」。詳しくみると、「娘の小学生時代の成長の記録はすべて保管している」や「子どもたちが幼い頃に作った工作を飾っている」など、子どもに関するコメントが目立つ。また、「子どもたちが独立してから夫婦で海外旅行するのが恒例。その思い出の品がひとつずつ増えていくのが楽しみ」「年に2回、両親を連れて親孝行の旅。そのときの写真はアルバムにしてリビングに常備」といった、パートナーや両親との時間を大切にしているという声も聞かれた。
次に多かったのが「ファッション」だが、こちらも「母から受け継いだジュエリー」や「20歳の記念に両親がそろえてくれたパールのネックレス」など、両親にちなんだアイテムを推す声が少なくない。家族を大切にするJマダムたちの姿が見えてくる。

ちなみに、何かコレクションしているものがあるかも聞いてみた。コレクションというと男性が凝りそうだけれど、趣味が多彩なJマダムたちも負けてはいない。こちらは、洋服やアクセサリー、ストール、腕時計、靴などの「ファッションアイテム」が38%で最多数。続いて、食器や骨とう品、アンティーク家具などの「うつわ・アンティーク」が30%で肉薄。それ以外は千差万別で、書籍、CD、ワイン、記念切手、御朱印、美術展の絵ハガキなど、趣味を謳歌している様子がうかがえる結果となった。

What's New新着記事

  • Jマダムの花物語:一面の花に癒されて

    かつてミス目黒に選ばれ、数々の女性誌の読者モデルとして活躍しているチームJマダムのWさん。手作りの絹玉アクセサリーを販売し、子どもたちの塾を開いたりと、多方面で華やかに活躍しているが、子どもの頃は引っ越しでつらい思いも。ところが新しくできた公園の花が、Wさんの心をすくい上げた。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月25日

  • Jマダムの花物語:長瀞の枝垂桜が心の原風景

    小型船舶操縦士の免許をもち、クルージングしながらおいしい料理が楽しめる船上レストランのオープンを目指す、チームJマダムのSさん。今から10年前に行った長瀞の桜体験が、心の原風景として親子の記憶に強く残っているという。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月18日

  • ○○好きが、優雅なJマダムのあかし!

    その存在自体が日本に優雅さと上品さをあたえているのがJマダム。そんなJマダムたちが愛しているのは、やはり、花。季節ごとに庭の草花を植え替え、リビングには切り花を飾って華やかに。

    50代のリアル

    2017年4月15日

  • 親はいつもまでも親。でも・・・。

    エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。

    裏エクラ

    2017年4月15日

  • Jマダムにぴったり! 美と健康は韓国薬膳で

    韓国薬膳を学びに、よく韓国を訪れているのが、チームJマダムのMさん。最近習った韓国薬膳料理には、女性の体をいたわる工夫が随所に。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月11日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録