アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?
アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること_1_1
 ハマるといえば、「◯◯のファン」。

「学生時代から徳永英明さんのファン。子どもが家にいるときはミーハーだと思われたくなかったので、CDを聴いているところをなるべく見せないようにしていたが、子どもが巣立ったいま、ようやくコンサートに。車の中にはもちろん、徳永さんのCDしか入っていない」(MM・54歳)

「ソフトバンクホークスが私の生きる糧。とくに土曜日の午後はソフトバンク戦をテレビで観るために家にこもるほど。いつか、”タカガールデー”にピンクのユニフォームを着て球場へ行きたい!」(TT・45歳)

こうしたファン心理、周囲に隠せば隠すほどハマってしまうようで。

「親子でアニメのNARUTOが好きで、舞台化されたときに観劇。サスケ役の佐藤流司君にハマりました。今も、娘の付き添いのふりをして舞台を観に。昼に公演のあるときには、娘が学校に行っている間にこっそり1人で……」(NK・48歳)

「10年以上前に『冬ソナ』を見て以来、韓国ドラマにハマっている。周りの友達には、ファンミに行くほどとは言ってないけど、実は大ファン。」(KM・44歳)

この熱い熱い思い、それぞれの「◯◯さん」たちに届け!
アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること_1_2
 何かにハマるきっかけは、人それぞれ。MKさん(54歳)は、子ども時代の昆虫採りがきっかけでいまも虫摂りにハマっているそう。

「ここ数年はミヤマクワガタを求め全国各地へ。虫の気持ちになって、活動時間は夜遅く、夏は街灯巡り(笑)。旦那と二人で楽しんでいます。老後はカブトムシの飼育に時間を費やす!?」

虫の気持ちになれば、相手も喜んで近寄ってきてくれるかも? ATさん(45歳)も魚の気持ちになっているのだろうか。

「息子につきあったのがきっかけで、1年前から週末は車で海や川へ。海ではイワシ、川ではヤマメやイワナを釣っている」という。ひょっとして、その釣果は食卓の上に?
ほかに、こんな人も。「ハマるというより、図書館司書の職業病で書架(書棚)の整理。自分の家はもちろん実家でも、請求記号順、大きさ順……とにかく何でも整理をしてしまう」(KK・49歳)

ぜひ、我が家にもお越しいただきたい!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:あまり他人に知られたくないクセ

    昔から「なくて七癖、あって四十八癖」というように、あなたにも何かクセ、それも他人に知られると恥ずかしかったり、困ったりするものがあるのでは? 打ち明けてみれば案外、それがチャームポイントになっていたりして。チームJマダムのみなさんに、”ナイショにしておきたいクセ”を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月8日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

FEATURE
ランキング