「あの人、素敵!」と言われる、"大人のキラキラ目"のつくり方 五選

2017年1月2日
幸せそうで、素敵!といわれる女性ってみんな、目がキラキラと輝いている。「そんな"キラキラ目"はメイクでつくれる!」と力強く語るのはヘア&メイクアップアーティストの藤原美智子さん。大人のための極意を教わった!

1. 藤原美智子が考える、"キラキラ目"とは?

マッサージでしっかり目を整えて、メイクを始めるのが最大のコツ!

「"動いて輝く"もの、にヒトは魅力を感じます。だから魅力的な女性には、輝く"キラキラ目"が必要。ただエクラ世代はどうしても、まぶたがたるみがちでパチッと見開きづらいし、目まわりのくすみや小じわがキラキラ感をじゃましがち。そこで、正しいアイメイクです。
大人になると、シャドウが映えない、ラインが引きづらい、などの理由からアイメイクに消極的になるかたも少なくない。とてももったいないです。確かに、昔と同じメイクではダメなのですが……。
特に違うのが、ファーストステップです。大人になったら、とにかくマッサージ。土台の形そのものをしっかり整えるのが、アイメイクの最初なの。スマホによる眼精疲労も重なり、目まわりの筋肉はこわばって、血液やリンパの流れも悪くなりがちです。疲れたままでは、いくらメイクをしても"キラキラ目"になりようがない。そして大人用のアイテムをきちんと選び、ツボを押さえた入れ方さえすれば、大人の目はキラキラ輝きだします」
ブラウス¥56,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ピアス¥370,000/アルテミス・ジョイエリ
ヘア&メイクアップアーティスト 藤原美智子
ラ・ドンナ主宰。ライフスタイルデザイナーとしても活躍。女性のいきいきとしたライフスタイルを応援するメイク指南が女性の支持を集める。

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング