プチプラでも高見え! エクラ華組の「重くならない黒コーデ」 五選

気品があって奥深い色「黒」。しかし、夏に黒を使いすぎると暑苦しく重く見えがち……。いかに「涼やか」「軽やか」に見せるかが重要です。エクラ世代はどんな取り入れ方をしているのか、華組の「夏の黒コーデ」をチェック!
プチプラでも高見え! エクラ華組の「重くならない黒コーデ」 五選_1_1-1

1/5

プチプラでも高見え! エクラ華組の「重くならない黒コーデ」 五選_1_1-2

2/5

プチプラでも高見え! エクラ華組の「重くならない黒コーデ」 五選_1_1-3

3/5

プチプラでも高見え! エクラ華組の「重くならない黒コーデ」 五選_1_1-4

4/5

プチプラでも高見え! エクラ華組の「重くならない黒コーデ」 五選_1_1-5

5/5

1.ハリ感ワンピースと最愛サンダルでコンサバ黒スタイル
(有村一美さん)

「夏の黒」は、暑苦しく見えず、だらしなくならないことが鉄則。エクラ世代にとって嬉しいデザインやカッティングに定評がある「Yleve(イレーヴ)」のワンピースは、開き過ぎない開襟にデザインを兼ねた大きなフラップ付きポケット、そして太めの共布ベルト。キチンと感がありながらもコンサバになり過ぎません。

2.ZARAのハイウエストブラックパンツが優秀
(朝生育代さん)

トップスを変えて色々コーデを楽しめる「ZARA」のハイウエストブラックパンツは、今シーズンの一押しアイテム。ヨーコチャンのトップスは、前身頃だけ、ウエストよりも高い位置に光沢感とハリ感のあるギャザーフリルを施したカットソー。脚長効果もバッチリです。

3.細めのストラップサンダルで女性らしさを演出
(豊田真由美さん)

レース使いのトップスに大好きなワイドパンツ、重くならないよう、足元は細めのストラップサンダルで女性らしさを出してみました。トップスはバックスタイルも可愛くて、リボンがポイント。ちょっとしたアクセントになります。

4.リゾート感漂う「ZARA」のワンピースコーデ
(宮原 江里子さん)

ZARAで見つけたリゾート感があってサラッと着れるワンピース。胸元にはホワイトのベアトップをインしてスッキリと。後ろが大きくあいていてリボンで結ぶデザイン。リボンを後ろでクロスしてから前で結んで、カーディガンを羽織り、大人っぽく着てみました。

5.涼しい素材でクールに着こなす「夏の黒」コーデ
(川﨑淳子さん)

合わせやすくもあり、スッキリ引き締めてくれる黒。BAYFLOWのベーカーパンツは、少し光沢があって夏にピッタリのサラッと涼しい素材。履いていて気持ちいいので、この夏たくさん活躍してくれそう。袖にデザインがあるシャツを合わせてみました。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング