2017年初春 抑えておきたい旬のグルメ情報五選

2017年1月11日
新進気鋭のフレンチシェフが腕を振るうレストランや、鮨とワインのマリアージュにこだわる新店など、eclat2月号に掲載中の2017年のグルメシーンをリードする最旬情報をご紹介。

1.新進気鋭のフレンチシェフのテイストを存分に楽しむ 『日比谷パレス』

「ベーコン、ブルーチーズ、アンディーブのサラダ フランボワーズのヴィネグレット」。トマト、ベーコン、クルミのローストを加え、ローストした紅玉を忍ばせてひとひねりある味に
都心にいながらにして自然を満喫できる日比谷公園。その中にたたずむ洋館が、ビストロモダンとしてリモデルオープンした。レストラン全体の監修を、三ツ星シェフ、アラン・デュカス氏の愛弟子にして、フランス アルルの一ツ星レストランのアルマン・アルナル氏が担当。親日家であり、南仏のお店に2haもの畑をもつ"野菜愛"にあふれるシェフ。日本人の味覚に合うフレンチを披露する。おすすめは、昼も夜も楽しめる大皿に盛られたアルナル流サラダ。たっぷりの野菜とナッツ、豆類、フルーツ。添えた魚介類や肉はあくまでも野菜を楽しむためのもの。もちろん、魚や肉をメインディッシュでがっつりもOK。一歩入れば、窓が広く、森に抱かれているような感覚に。都会のオアシスとして、料理も自然も楽しみたい。
「柔らかく煮込んだポワローとホタテのサラダ仕立て くるみのヴィネグレット」。軟らかくゆでて甘味を増したポワローとしっとりレアに仕上げたホタテが見事
アルマン・アルナル氏
フランス人の女性デザイナーがインテリアデザインを担当
東京都千代田区日比谷公園1の6 
☎03・5511・4122
11:30〜13:30LO、14:00〜16:30LO
(サロン・ド・テ)、18:00〜20:00LO
年中無休 ランチ¥2,800〜、
ディナー¥3,800〜 アラカルトあり
※土・日曜、祝日は貸切の場合があるので要問い合わせ

What's New新着記事

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

FEATURE
ランキング