水晶玉子×レイコ・ローランがスペシャル対談「2020年はこうなる!」を大胆予測①

オリンピックの期待とともに幕を開ける、2020年。でもにぎわいの陰で「時代の大転換期がヒタヒタ近づいている…!」ことを星の動きが伝えているという。その真相をカリスマ占星術家の水晶玉子さんとレイコ・ローランさんに、たっぷり語っていただきました。

「大きな変化の年!」2020年を対談で斬る

教えてくれたのは…
水晶玉子

水晶玉子

占術研究家。東・西の枠を超えて数々の占術を研究、’98年に発表したオリジナルのオリエンタル占星術が大反響を集める。さまざまな女性誌での連載や携帯占いサイト『水晶玉子のオリエンタル占星術』なども好評。最新刊は『水晶玉子のオリエンタル占星術 幸運を呼ぶ366日メッセージつき 開運暦2020』。
レイコ・ローラン

レイコ・ローラン

London School of Astrology認定占星術師。専門は詳細なホロスコープを用いた西洋占星術だが、兄弟的占術である数秘術も長年にわたり研究。自身もエクラ世代でファッション好き。折々の人気者や時事問題などに占星術の視点から興味深く触れた、Web éclat内のブログ「レイコ・ローラン占い」も好評。

「時代は転換期!次々と生まれる新しい価値観をチェックして」(水晶玉子)

「さまざまな人が本当に個性を大事に生きられる時代がやってくるかも」(レイコ・ローラン)

水晶玉子とレイコ・ローラン

レイコ・ローラン(以下レイコ) ’19年は元号改正、’20年は東京オリンピック開催というビッグイベントが続きます。星の動きにも大きな変化がありそうですし、世の中にどんな流れが起こりそうなのか、そこからお話を始めたいのですが。

 

水晶玉子(以下水晶) ’20年は時代の価値観がガラッと変わるような、大きな変化の芽が現れる年になりそうです。干支は「庚子(かのえね)」で“子”は十二支の始まり、“庚”は金性で変化の象徴。オリエンタル占星術でも「畢(ひっ)宿」でずっと動かないと思っていたものが動く年に当たるんです。

 

レイコ 西洋占星術では、’20年末まで木星、土星、さらには冥王星が山羊座にとどまっていることから、山羊座的な気運が高そうですよね。

 

水晶 山羊座が象徴するのは国家や社会、システム、秩序……。消費税の増税やオリンピック開催など、まさにトップダウンの国策的な動きが続いているのが、物語っていますね。

 

レイコ 数秘術で2020年を読み解くと、2+0+2+0=4に。4が意味するのは規律正しさや努力。現実に即して物事を修正して進めていかなければならない気運です。

 

水晶 ’20年は金星が双子座に、そして火星が牡羊座にそれぞれ長期にとどまるのも、かなり印象的なんですよ。愛と喜びの星の金星が長くとどまる双子座はコミュニケーションの象徴。火星は闘いの星で、牡羊座はそのホームグラウンドです。その2つをかけ合わせると、人々が集って楽しく交流し、勝負を競うオリンピックが盛り上がる、という星の動きがまさに出てきますね。

 

レイコ 本当に! 海外からの観光客に日本人が至るところで道案内をしたり、オリンピックや日本の文化について言葉を交わしたり……そんなイメージが浮かんできます。前回、ピョンチャン・オリンピックのときは、火星が同じく火の星座である射手座に。あのときもフィギュアなどで盛り上がりましたね。

 

水晶 国をあげての大イベントを成功させようという動きは加速しそう。いろいろあっても、せっかくの東京開催。思いきり応援して、楽しんだほうがいいですね!

オリンピックは盛り上がり必至!

オリンピックで盛り上がる日本

オリンピック後に新時代到来の大きな予兆が!

レイコ 山羊座には組み立てるとか、積み上げるといった意味もありますよね。

 

水晶 その象徴が土木工事。オリンピックに向けてあちこちで工事が行われていますが、例えば11月にオープンした『渋谷スクランブルスクエア』をはじめ、建設計画が目白押しの渋谷の変化もすごいですね。

 

レイコ でも一方で、気になるのがオリンピック後の日本……。大きな目標を目ざして邁進していた私たちの気持ちは、その後どこへ向かうのか、不安に思う人も多いようです。

 

水晶 ’20年の12月17日には土星が、19日には木星がそろってみずがめ座に移ります。みずがめ座が象徴するのは自由や個性、斬新な発想、革新など。冒頭で価値観の大転換が起こるかもといったのは、みずがめ座の影響が強まるから。’20年の終わりにニューワールドを象徴する何かが現れ、’21 年には旧体制的なものがガラガラとくずれて、「今まで縦だったものが横になる」ような新しい考えや価値観が、確かに、誕生するかもしれないんですよ。

小さなフランス革命がヒタヒタと!?

フランス革命

レイコ オリンピックの余波にはしばらく浸っていられそうですが、年末になると逆にホッとひと息つく暇なんてなくなるのかも(笑)。

 

水晶 ただし、その内容が明らかになるのは年末の12月ごろ。歴史をずっとさかのぼってみると、フランス革命前夜のころと、現在の星の動きがちょっと似ていて……。

 

レイコ お祭りの熱が冷めると、世の中が加速度的に変化しそうなことに、人々がハッと気づく感じですね! みずがめ座には自由・平等・博愛のイメージがありますよね。まさかのプチ・フランス革命!?

 

水晶 新たな価値観をつくる人々、“ニュー・シトワイヤン(市民)”ともいうべき人々が登場して、今までとは違うレベルやフィールドでの自由や平等が実現するかもしれません。すでにあるものでは会社員のWダブルワークや男性公務員の育休取得があたりまえに、同性婚を認める法案が国会に提出されてLGBTの人たちがもっと生きやすくなるかも。

 

レイコ パラリンピックを経験したあとで、「障がいもひとつの個性」という考え方がさらに広がっていきそう。

 

水晶 そうなったら素敵ですね! 海外に目を向けると、香港の抗議デモが続いているのが心配ではあるけれども、自由を求める活動や民族独立の動きが盛んになっていて、これが社会になにかしらの風穴をあけていく可能性も。日本でも大企業に再編成的な改変があったり、小さなところではブラック校則が改められるなど、組織のダークな部分が明るみに出てきてどんどん改善を求められそう。

 

レイコ 昭和から平成の間にできあがった硬直的な体制や支配関係がいよいよどうにもならなくなり、ブレイクスルーが始まるんでしょうか…。こうした流れの行方をしっかり、見守りたいですね。

 

What's New

Feature
Ranking