牡羊座(3/21〜 4/19生まれ)って、本当はどんな人たちなの? 牡羊座の「根っこキャラ」を知る!

根っこに潜む本来のキャラクターを知れば人間関係がもっとうまくいく!今回は、牡羊座のキャラクターについて、改めて考察してみました。

こんにちは、レイコ・ローランです。

4月1日に新月を迎えて、新学期を迎えて…新しい生活や環境に突入した方も少なくないことでしょう。そんないまは、12星座のトップバッター、「牡羊座」のシーズンです。

牡羊座の期間とされているのは、3月21日からの約1ヶ月。春分の日がそのスタートになっているのですが、占星術の世界では、この日がある意味、本当の1年の始まり。”元旦“のような日なのです。

今このときこそ雪解けが済んで、その中から新芽が誕生…。そうなのです、ここから生命のスタートが始まるという解釈なのです。

じつは12星座は1年間の季節とも連動していますし、それを“人の一生”と連動させて性格付けをしています。

▶︎12星座別【根っこキャラ占い】をチェック

▶︎牡羊座の根っこキャラは”赤ちゃん時代“がキーワード!詳細をチェック

一番最初の星座、牡羊座の人の根っこにあるキャラは、初めて聞く方は驚くなかれ…「赤ちゃん」なのです。生まればかりの衝動的なエネルギーを一生を通して宿していると言われています。「元気」とか「感情がストレート」とか「本能的」などと言われるのはそれがゆえん。

感情がストレート…というよりも、感情の前に生き物としての衝動がある、という感じでしょうか。もちろん一生を通じて子供っぽいというわけではなくて、これはあくまでも“魂”のお話です。ただ、どんな牡羊座でも、どんなに〝大人っぽく”見えたとしても、実はとても無邪気だったり、シンプルだったりといい意味での“こども心”を一生抱えたかたが多いです。

さらには生来の敏感さをもってして、誰よりもいち早くこの先の流行になるものを察知していることも多い。いえ、察知というよりも、ひとり楽しんでいて、周りがそれはなんだ!?と気が付き始めるといえるでしょう。

そして信じたもの、コミットしようと決めたものには、牡羊座の人は多くの説明はせずにただひたすら、あたかも赤ちゃんがニコニコしながらその方向に向かってハイハイしていくかのように、まっすぐに突き進んでいく強さがあります。皆がそのうち行くべき方向、気づくべき方向に、さっさと行ってしまっていることもあるのです。

牡羊座の人の発言は、ときに突飛に思えたり、「?」という反応で受け止められることもあるかもしれないのですが、そんな時は周囲は少し待ってみる必要があります。しばらくすると(もしかすると1年後とか、2年後とかに!)それがトレンドとして語られていたり、後に続こうとする人が多く現れたり…となることを、私自身よく目撃してきました。

そして“赤ん坊”という存在は無力なようで、実はとてもパワフル。その存在だけでその場の1番の注目を浴びます。泣けば誰かがあやす、笑えばその魅力は天使のようで…。その場にいるだけでパワフルさが滲み出る・・そんな人たちが多い印象があります。

しかし一方で、エネルギッシュなように見えて、活発に動いているようだと思っていたら、はっと気が付くと、コトン、と寝入るように疲れていることもあります。エネルギー切れもとてもわかりやすい。ただそれを理性で誤魔化そうとか、頑張って元気なふりをしよう、ということもあまり得意ではないので、周囲は無理強いはご法度です。ただその先見性、バイタリティー、そして勇気っぷりは、本当に頼りになります。

ところで話は季節のことに戻りますが、日本ではこの“牡羊座シーズン”に年度というものが替わって、スタートの季節とされているのは実に自然に叶ったことではありますね。美しい桜が咲く時期とも一致していて、なんとなく”生命の美しさ””はかなさ“といったものに意識が向くので、より体感的にはしっくりくるのではないかと思います。

対して、欧米では9月の“天秤座シーズン”が年度の始まり。Back To Schoolして学年が持ち上がるのは秋。これについてちょっと不思議だな、と思ったことがあるのですが、以前、占星術クラスの生徒さんが面白い指摘をしてくれました。”天秤座“というのは12星座の後半戦で、社会人デビュー、社交デビュー、のような意味を持っているのです。欧米では、社会におけるデビューと、年度替わりが一致しているのですね。

ちょっと話がそれてしまいましたが、牡羊座の方々へメッセージです。少し前に「お誕生日おめでとうございました!」の方も、これから「お誕生日おめでとうございます!」の方も。今年の4月1日はちょうど新月で牡羊座に太陽、月、水星、そして癒しの星カイロンがコンジャンクション(同位置に滞在すること)していました。

最近いろんなことがあって、ちょっと興奮したり傷ついたり、落ち着かない状況だったとしても。この日を境にそれを乗り越えて、自分自身の目的意識がクリアになり、今また心の炎を燃やし始めているところではないでしょうか。

そしてこの5月11日にはついに牡羊座に約12年ぶりに拡大と発展の星、木星が入ってきます。

自分の何を育てていきたいのか、アピールしていきたいのか。どんなふうに自由になって、どんなふうに何を頑張りたいのか。そのときまでにじっくり考えてみてください。

5月にはいつもより高速で快適な車が、あなたを迎えに来ることを楽しみにしていてください。

アラフィー占星術師 レイコ・ローラン

アラフィー占星術師 レイコ・ローラン

London School of Astrology 認定占星術師。日欧で西洋占星学の研鑽を積む。詳細なホロスコープを用いた西洋占星術を専門とするほか、兄弟的占術である数秘術も研究を深める。自身もアラフィー世代でファッション好き。MarisolONLINEで連載の「レイコ・ローラン【がんばるアラフォーのための12星座占い】」(https://marisol.hpplus.jp/fortune/horoscope)も好評。

What's New

Feature
Ranking