大人になってからの“学び”。人気の1位は○○○!

2017年3月1日
大人になってから分かる、“学び”の楽しさ。Jマダムたちはどんなことに関心をもち、どんな場で、何を学んでいる? Jマダムたちの学びの現場に潜入!
好奇心旺盛なJマダムたちは幅広くアンテナを張って、興味をもつとトコトン学びたくなる人が多いようです。たとえば、「これまでジャズやフランス語を学び、税理士の資格も大人になってから取得。今はケーキ作りの個人レッスンを受けています」(Mさん)なんてツワモノも、決して珍しくありません。Jマダムたちに人気の学び1位は、26ポイントを獲得した「アート・手工芸」。シルクフラワーやカービング、茶箱やカルトナージュ、タッセル作りや刺繍などなど、種類は無限です。
2位の「料理・栄養・酒」には、お菓子作りをはじめ薬膳やモロッコ料理、ワインやマッコリソムリエなどが上がりました。3位の「和の伝統文化」は着付けや書道、俳句など。「着付けを習い始めて6年。着物の奥深さにはまり、染帯を自分で作ったり和裁を覚えたり」(Sさん)というように、深く深く学びを進めて世界を広げている人も。
ではいったいJマダムたちは、どんなところで学んでいるのでしょう。もっとも多かったのが個人教室・個人サロンで30%。「アート・手工芸」の分野ではこういった学びの場が多いようです。次が「セミナー・講習会」と「自宅学習」が21%で同点2位。セミナーでは投資や税金、心理学などが、自宅学習では資格試験の準備や語学などの勉強をしているようです。1年以上かけて専門学校や大学・大学院に通学した経験のある人も7%いました。
これほど学びに邁進しているJマダムたちですが、40歳を過ぎるとやはりツライことも増えるようで。記憶力の低下をしみじみ実感している人が33%、家事や仕事が忙しく自由に時間が取れないと嘆いている人が20%も。学びの仲間との年齢差が気になったり、老眼が進んだという声も。
とはいえ、Jマダムにとってやはり学びの意義は大きいようです。何のために学ぶのかを聞くと、1位は「自分自身の向上」、2位「人生の充実」、3位「人間関係が広がる」。「仕事のスキルアップ」や「仕事・転職に役立つ」を大きく上回り、心の満足感を求める人が多いという結果に。だからこそ、楽しく長く、“学び”を続けることができるのですね。Jマダムたちの明るく前向きな姿勢にエールを!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング