大人になってからの“学び”。人気の1位は○○○!

2017年3月1日
大人になってから分かる、“学び”の楽しさ。Jマダムたちはどんなことに関心をもち、どんな場で、何を学んでいる? Jマダムたちの学びの現場に潜入!
好奇心旺盛なJマダムたちは幅広くアンテナを張って、興味をもつとトコトン学びたくなる人が多いようです。たとえば、「これまでジャズやフランス語を学び、税理士の資格も大人になってから取得。今はケーキ作りの個人レッスンを受けています」(Mさん)なんてツワモノも、決して珍しくありません。Jマダムたちに人気の学び1位は、26ポイントを獲得した「アート・手工芸」。シルクフラワーやカービング、茶箱やカルトナージュ、タッセル作りや刺繍などなど、種類は無限です。
2位の「料理・栄養・酒」には、お菓子作りをはじめ薬膳やモロッコ料理、ワインやマッコリソムリエなどが上がりました。3位の「和の伝統文化」は着付けや書道、俳句など。「着付けを習い始めて6年。着物の奥深さにはまり、染帯を自分で作ったり和裁を覚えたり」(Sさん)というように、深く深く学びを進めて世界を広げている人も。
ではいったいJマダムたちは、どんなところで学んでいるのでしょう。もっとも多かったのが個人教室・個人サロンで30%。「アート・手工芸」の分野ではこういった学びの場が多いようです。次が「セミナー・講習会」と「自宅学習」が21%で同点2位。セミナーでは投資や税金、心理学などが、自宅学習では資格試験の準備や語学などの勉強をしているようです。1年以上かけて専門学校や大学・大学院に通学した経験のある人も7%いました。
これほど学びに邁進しているJマダムたちですが、40歳を過ぎるとやはりツライことも増えるようで。記憶力の低下をしみじみ実感している人が33%、家事や仕事が忙しく自由に時間が取れないと嘆いている人が20%も。学びの仲間との年齢差が気になったり、老眼が進んだという声も。
とはいえ、Jマダムにとってやはり学びの意義は大きいようです。何のために学ぶのかを聞くと、1位は「自分自身の向上」、2位「人生の充実」、3位「人間関係が広がる」。「仕事のスキルアップ」や「仕事・転職に役立つ」を大きく上回り、心の満足感を求める人が多いという結果に。だからこそ、楽しく長く、“学び”を続けることができるのですね。Jマダムたちの明るく前向きな姿勢にエールを!

What's New新着記事

  • デパ地下スイーツ、こっそりひとりで…(^^♪

    チームJマダムの半数近くがほぼ毎日スイーツを楽しんでいるというほど、甘いもの大好きなJマダムたち。スイーツにかける予算から手作り派のマイブームまで、スイーツ事情をまるっと公開!

    50代のリアル

    2018年5月19日

  • 初夏スイーツ②1年かけて合格!究極の焼き菓子のお味は…?

    手作りスイーツのおやつを欠かしたことがないというTさん。特に思い入れ深いのは、スイーツ教室で習ったという、オレンジピールがさわやかなフランス風ケーキ。なんと合格するまでに1年かかったという、そのケーキとは⁉

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2018年5月15日

  • アラフィー女性のホンネ:アンチエイジング対策、どうしてる? 美容編①

    ナチュラルに歳を重ねていきたいとは思うものの、現実には、東に「シミが薄くなる方法がある」と聞けば行き、西に「5歳若く見える方法がある」と聞けば転びながらも走っていく……。そこでJマダムのみなさんに聞いてみた。「アンチエイジング対策、どうしてる?」多くの情報が寄せられたので、まずは「美容編、その①」を。

    裏エクラ

    2018年5月12日

  • 初夏スイーツ①レモン×〇〇のタルト。アウトドアもOK!

    夏に向かって気温上昇中の今、満足感もありつつさわやかな味わいのスイーツがあるとうれしい。レモンのタルトは王道だけれど、スイーツの腕前がプロ並みのTさんは、さらにもうひと工夫して…。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2018年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:ナイショの買い物がバレた、その時

    ドキドキして、日常生活のスパイスともなっている(?)ナイショ買い。けれど、夫やパートナーにまったく気づかれない、あるいは無反応でもつまらないもの。ナイショ買いがバレた時、はたしてJマダムたちの家の中では何が起きたのでしょう……。

    裏エクラ

    2018年4月28日

FEATURE
ランキング