“○○”のご縁で人生が変わった実録。

2017年3月15日
人生80年の時代。Jマダムにとって“学び”にタイムリミットなんてないし、それをきっかけに50歳で新たな人生が開かれることも。Jマダムたちの“学び”に対する意欲はとどまるところを知りません。

学んだ証として欲しくなるのが資格。社会人になってから取得した資格についてリサーチすると、「語学・ビジネス」分野が36%で1位に。英検やTOEIC、秘書検定や消費生活コンサルタントなど、すぐ仕事に結びつきそうな資格がズラリ。続いてアロマテラピーインストラクターやメディカルハーブコーディネーター、メイクセラピーやカラーコーディネーターなどの「美容・ファッション」分野が32%で2位にランクイン。そのほか、ブリザーブドフラワーやグルーデコの講師資格などがあがった「手工芸」分野や、野菜やワインなどのソムリエ資格が人気の「飲食」分野も注目度が高いようです。

がんばって学んだことが、人生の新たな一歩に役立ったら幸せです。大人になってからの“学び”を転職や起業に活かした人はいるのでしょうか? はい、います。それもたくさん! なんと58%、半数以上のJマダムたちが「YES!」と答えました。「コンペに出場するほどフラダンスに打ち込んでいました。そのフラ仲間が開いたフラの衣装を作るショップをサポート。経験が活かせてやりがいのある仕事でした」(Oさん)「バリエステのプロフェッショナル資格を取得し、39歳で自分のサロンを持ちました」(Aさん)「これまで何度か転職してきましたが、何かに興味を覚えて夢中で勉強し、資格を取って転職というのが私のパターン。何歳になっても学びは楽しいですね」(Yさん)といった喜びの声が次々と!

もちろん、“学び”の意義は仕事だけに限りません。日々の暮らしを豊かにするために、Jマダムたちはさまざまな“学び”に挑戦しています。「子ども好みのバゲットを焼きたくて、著名なシェフの方々の指導を受けています。もっとスタイリッシュなもの、自分好みの配合を極めたくて、ただいま修行中です!」(Aさん)「もともとは相続対策で税金などの勉強をしていましたが、蓄えた知識を糧にいずれ起業できれば」(Iさん)「ワインが大好きで、フランスの生産者の方のお話しを伺いたい一心でフランス語会話を独学中」(Kさん)。Jマダムたちの輝きの源は、こんなところにもありそうですね!

What's New新着記事

  • Jマダムの花物語:一面の花に癒されて

    かつてミス目黒に選ばれ、数々の女性誌の読者モデルとして活躍しているチームJマダムのWさん。手作りの絹玉アクセサリーを販売し、子どもたちの塾を開いたりと、多方面で華やかに活躍しているが、子どもの頃は引っ越しでつらい思いも。ところが新しくできた公園の花が、Wさんの心をすくい上げた。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月25日

  • Jマダムの花物語:長瀞の枝垂桜が心の原風景

    小型船舶操縦士の免許をもち、クルージングしながらおいしい料理が楽しめる船上レストランのオープンを目指す、チームJマダムのSさん。今から10年前に行った長瀞の桜体験が、心の原風景として親子の記憶に強く残っているという。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月18日

  • ○○好きが、優雅なJマダムのあかし!

    その存在自体が日本に優雅さと上品さをあたえているのがJマダム。そんなJマダムたちが愛しているのは、やはり、花。季節ごとに庭の草花を植え替え、リビングには切り花を飾って華やかに。

    50代のリアル

    2017年4月15日

  • 親はいつもまでも親。でも・・・。

    エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。

    裏エクラ

    2017年4月15日

  • Jマダムにぴったり! 美と健康は韓国薬膳で

    韓国薬膳を学びに、よく韓国を訪れているのが、チームJマダムのMさん。最近習った韓国薬膳料理には、女性の体をいたわる工夫が随所に。

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2017年4月11日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録