“○○”のご縁で人生が変わった実録。

2017年3月15日
人生80年の時代。Jマダムにとって“学び”にタイムリミットなんてないし、それをきっかけに50歳で新たな人生が開かれることも。Jマダムたちの“学び”に対する意欲はとどまるところを知りません。
学んだ証として欲しくなるのが資格。社会人になってから取得した資格についてリサーチすると、「語学・ビジネス」分野が36%で1位に。英検やTOEIC、秘書検定や消費生活コンサルタントなど、すぐ仕事に結びつきそうな資格がズラリ。続いてアロマテラピーインストラクターやメディカルハーブコーディネーター、メイクセラピーやカラーコーディネーターなどの「美容・ファッション」分野が32%で2位にランクイン。そのほか、ブリザーブドフラワーやグルーデコの講師資格などがあがった「手工芸」分野や、野菜やワインなどのソムリエ資格が人気の「飲食」分野も注目度が高いようです。
がんばって学んだことが、人生の新たな一歩に役立ったら幸せです。大人になってからの“学び”を転職や起業に活かした人はいるのでしょうか? はい、います。それもたくさん! なんと58%、半数以上のJマダムたちが「YES!」と答えました。「コンペに出場するほどフラダンスに打ち込んでいました。そのフラ仲間が開いたフラの衣装を作るショップをサポート。経験が活かせてやりがいのある仕事でした」(Oさん)「バリエステのプロフェッショナル資格を取得し、39歳で自分のサロンを持ちました」(Aさん)「これまで何度か転職してきましたが、何かに興味を覚えて夢中で勉強し、資格を取って転職というのが私のパターン。何歳になっても学びは楽しいですね」(Yさん)といった喜びの声が次々と!
もちろん、“学び”の意義は仕事だけに限りません。日々の暮らしを豊かにするために、Jマダムたちはさまざまな“学び”に挑戦しています。「子ども好みのバゲットを焼きたくて、著名なシェフの方々の指導を受けています。もっとスタイリッシュなもの、自分好みの配合を極めたくて、ただいま修行中です!」(Aさん)「もともとは相続対策で税金などの勉強をしていましたが、蓄えた知識を糧にいずれ起業できれば」(Iさん)「ワインが大好きで、フランスの生産者の方のお話しを伺いたい一心でフランス語会話を独学中」(Kさん)。Jマダムたちの輝きの源は、こんなところにもありそうですね!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:アンチエイジング対策、どうしてる? 美容編②

    鏡に映る自分の顔を見たとき、フェイスラインが何となくぼやけていたり、「あれ? 顔が長くなってる……」と感じる人も多いのでは? その原因はおそらく、た・る・み。「自分の顔はタマゴ型だとずっと思っていたのに、いつの間にか下ぶくれに」(TS・53歳)。あぁ……。

    裏エクラ

    2018年5月26日

  • 初夏スイーツ③レンチンでOK!我が家の定番デザート

    食べ歩きが趣味のチームJマダム・Sさん。スイーツの手作りはあまりしないけれど、グルメ体験から編み出した冷たいスイーツを食後のデザートによくいただくという。驚きの簡単レシピとは?

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2018年5月22日

  • デパ地下スイーツ、こっそりひとりで…(^^♪

    チームJマダムの半数近くがほぼ毎日スイーツを楽しんでいるというほど、甘いもの大好きなJマダムたち。スイーツにかける予算から手作り派のマイブームまで、スイーツ事情をまるっと公開!

    50代のリアル

    2018年5月19日

  • 初夏スイーツ②1年かけて合格!究極の焼き菓子のお味は…?

    手作りスイーツのおやつを欠かしたことがないというTさん。特に思い入れ深いのは、スイーツ教室で習ったという、オレンジピールがさわやかなフランス風ケーキ。なんと合格するまでに1年かかったという、そのケーキとは⁉

    50代の美しい暮らしクローズアップ

    2018年5月15日

  • アラフィー女性のホンネ:アンチエイジング対策、どうしてる? 美容編①

    ナチュラルに歳を重ねていきたいとは思うものの、現実には、東に「シミが薄くなる方法がある」と聞けば行き、西に「5歳若く見える方法がある」と聞けば転びながらも走っていく……。そこでJマダムのみなさんに聞いてみた。「アンチエイジング対策、どうしてる?」多くの情報が寄せられたので、まずは「美容編、その①」を。

    裏エクラ

    2018年5月12日

FEATURE
ランキング