“おうち酒”は○○○するチャンス!♪

2017年2月15日
“おうち酒”のメリットは、時間や交通手段を気にしないですむのはもちろん、料理や器、蔵元を訪ねる旅などいろいろな方面へ楽しみが広がるのもひとつ。暮らし上手なJマダムたちは、“おうち酒”にどんな楽しみを見出しているのかリサーチ!
Jマダムたちはなぜ“おうち酒”を楽しむのか? 圧倒的に多かったのが、「時間を気にしないですむ」という回答。その他、「電車に乗らずにすむ」「遠慮なく酔える」「周りに気を遣わずにすむ」「自分のペースで飲める」などの声がズラリ。ふだんから周囲への気配りを怠らないJマダムたち。お店でいただくお酒もおいしいけれど、それが週に何度も続くと気疲れしてしまう。日常のお酒はもっと気楽に飲みたい! ということのようです。
ただ気楽なだけではなく、“おうち酒”にまつわる楽しみもしっかり見出しています。さまざまな楽しみ方が出てきたけれど、筆頭は「おつまみの創作」で25%。さすが料理上手が多いJマダムたち。“おうち酒”の際のおつまみは「簡単でおいしい料理を考案するチャンス!」ととらえているようで、「軽いおつまみを自分で作る」と「夕食を兼ねた料理を自分で作る」を合わせて64%もの人が手作り派。手作りまではしなくても、おいしいチーズや生ハム、人気のお取り寄せなどグルメなおつまみを堪能している様子。コンビニ惣菜や手頃な乾きものですませる人は皆無でした。
「おつまみの創作」以外の楽しみ方では、「旅先で地酒を購入する」も25%で同点1位。「蔵元めぐり」を合わせると、35%の人がその土地ならではのお酒に関心を寄せているようです。また、「カクテルの創作」や「利き酒」「希少酒のコレクション」などお酒を深く味わっている人も多く、一方で「酒器のコレクション」「テーブルコーディネート」「間接照明など空間づくり」といった雑貨やインテリア方面に関心を広げる人も。“おうち酒”からここまで多様な楽しみ方を見出すなんて、さすが暮らし上手なJマダムたちですね!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング