尿もれ経験のあるアラフィーが緊急リモート座談会開催!<前編>【「尿もれ」をあきらめない!】

大きな声ではいいにくい尿トラブルを、アラフィー5人がカミングアウト!同じ悩みをもつもの同士、できれば忘れたい尿もれエピソードから頻尿の悩み、自分なりの対策まで、赤裸々に語り合った。

参加したメンバー

Aさん:56歳。成人した娘がいる。40代に入って尿もれが始まり、最近は水の音を聞くと、切迫した尿意が。
Bさん:54歳。3人目の出産後、39歳のとき初めて体験。すぐセルフケアをスタート、今で

は尿もれの気配なし。

Cさん:53歳。45歳で子宮筋腫の手術をして以降尿もれが。外出時には、吸水ライナーが

手放せない。

編集X:47歳。数年前から尿もれがあったが、ステイホームで運動機会が減った結果、症状が加速。

編集Y:45歳。1年半前に3人目を出産、高齢出産のためか、腹圧や振動がかかると尿もれするように。

衝撃、羞恥、焦り…「私の尿もれ体験」

くつろぎ中に唐突な尿意が…
くつろぎ中に唐突な尿意が…(Aさん体験)
ドン!とともに尿もれパニック
ドン!とともに尿もれパニック(Bさん体験)
トランポリンは危険!
トランポリンは危険!(編集Y体験)
電車でツー…。具合悪いフリ
電車でツー…。具合悪いフリ(Cさん体験)
股の尿じみを必死でカバー

股の尿じみを必死でカバー(編集X体験)

 

編集Y 皆さんには今回、なかなか人には相談しにくい経験談を持ち寄っていただきました。

編集X まず私から。数年前から尿もれはあったのですが、コロナで在宅ワークが増えたせいか、症状がひどくなってきて。通勤がなく動かないので「これはマズイ」と思って、先日、久々にジムに行ったんです。ランニングマシーンで走っていたら急にジョバッときて……。股のところだけ色が変わるぐらい! ウエアを腰に巻いたり、なんとかごまかしたけど落ち込みました。

Bさん その気持ちわかります。私の初めての尿もれは3人目を産んだ少しあとで、アイロンをドンと置いた瞬間に。あまりの衝撃に頭が真っ白になって、直後に出た電話の内容をまったく覚えていなかったほどでした。

Cさん 私は子宮筋腫の手術をしたのですが、そのあとから悩まされていて。あるとき、飲んだ帰りに電車の中で、ももを伝ってツツーッと尿が足首まで……。スカートだったので、しゃがみ込むしかなかったです(笑)。電車に乗る前にちゃんとトイレに行ったのに〜って心の中で叫びました。

編集Y 私は子供とトランポリンに行ったとき悲惨なことになりました。なぜほかのママたちが見ているだけで自分はやらないのか、瞬時に悟りましたよ。教えてほしかった……!

Aさん 私の場合、皆さんと少しタイプが違うかも。笑ったり動いたりの衝撃ではなく、不思議と家で過ごしているときに不意に尿意がきてトイレが間に合わないことが。水の音を聞いたり冷たいものに触れたりすると、もう大変。今は家にいるときだけなのですが、仕事中も尿意におそわれるようになったらどうしよう、と不安で。

Cさん そうそう! もう「行きたい」と感じたらそこからの急激さがスゴイ。私も車で高速道路を走っているときに急激な尿意がきたことがあって。ようやくたどりついた女性トイレが大行列で、生まれて初めて男性トイレに駆け込みました……。

 

「尿もれ対策はどうしてる? 有事の備えはぬかりなく」

編集Y 家ならこまめにトイレに行けるけれど、会社や出先だとそうもいかないですよね〜。

Aさん そうなんです。だからまだ出先では症状がないけれど、もしもの場合に備えて、尿もれ用の吸水ライナーをつけることもあります。

編集X 私は吸水ライナー未経験。吸水量が書いてあるけど、いったい自分がどれを使えばいいのかもよくわからなくて、手を出せずで。

編集Y 私も、まだ自分でなんとかできるんじゃないかという期待もあって……使っていません。

Cさん 私は外出時には欠かさず使っています。旅行などすぐに着替えられない状況のときは、バッグの中に予備のショーツも必ず。用意してあることが安心感につながるんです。最近の吸水ライナーは消臭や肌ざわりの機能も高いものが多いし、吸水量もいろいろあって進化していますよ。

>座談会後編へ続く

  • アラフィーの便秘、尿もれ、おなかぽっこりは「骨盤底筋群のケア」で解消!

    骨盤底筋群とは、膀胱、尿道、子宮など、女性の大事な臓器を骨盤の一番底で支えている筋肉群のこと。加齢や生活習慣などによってゆるんでくると、ボディラインがくずれたり、尿もれを起こしやすくなったりと、悪影響を及ぼすことに。だからこそ、骨盤底筋群の正しい使い方を知り、大事な部分をキュッと引き上げておく対策が必要だ。人生80年とも90年ともいわれる時代に、骨盤底筋群を早々とゆるませるわけにはいかない。エクラ世代にとって重要な骨盤底筋群ケアを、早速取り入れていこう。

What's New

Feature
Ranking