Jマダムたちが愛する花。それは・・

2017年3月31日
色とりどりの花々がいっせいに咲き誇る春。Jマダムたちはどんな花を愛し、どんな風景に癒されている? お出かけスポットの口コミ情報も!

チームJマダムに好きな花を聞いたところ、47種類もの花の名前があがった。ガーベラやスズランなどの身近な花や、金木犀や椿といった日本らしい花、ミモザやプルメリアなど太陽の光が似合う花、クリスマスローズやブルースターのようなはかなげな風情を感じさせる花など実に多彩。そんな中で圧倒的な人気を誇ったのがバラ。自身でバラを育てている人も多いし、「プレゼントの花束には必ずバラをチョイス。バラはパワーをくれる花だから」(Sさん)という声もあり、バラには特別な思い入れをもった人が多いよう。
ほかには、桜、カサブランカ(ゆり)、チューリップ、ラナンキュラス、ひまわり、芍薬、カラーに人気が集まっていた。

花や自然のある風景には癒されるもの。住宅街の庭から咲きこぼれる季節の花、公園の花壇に咲く色とりどりの花、街路樹の新緑など、身近なところにも花や自然と触れ合うチャンスはたくさん。そんな植物の美しさにハッと気づき、思わずカメラを向けてしまうのはどんなスポット?
もっとも人気が高かったのは、27ポイントを獲得した「桜並木」。納得。続いて13ポイントを獲得した「バラ園」と「丘一面に咲く花」。「富士本栖湖リゾートでは見渡す限りの芝桜が圧巻。天国かと思ったほど」(Sさん)。地平線までピンク一色に染まった大地なんて、日常には出会えない風景。確かに撮影したい!
ランク外で目立ったのが、「日本庭園」や「雪をかぶった樹木」といった、心に染み入るような風景に惹かれるという声も。さすがJマダム、しっとり落ち着いた大人の女性ならではの審美眼!

花や新緑を求めてJマダムたちはいったいどこへ? とっておきのおすすめスポットはこちら。
「大阪の大川の桜並木は、花びらが川にひらひら舞い落ちて本当に美しいです。船から眺めるのがおすすめ」(Aさん)「東京の鳩山邸は、洋館を背景に古典的なバラが見られてタイムスリップした気分」(Mさん)「桜の季節は京都の原谷苑へ。広大な敷地であらゆる種類の桜が見られます」(Yさん)「鎌倉の報国寺は竹林で有名。春はタケノコにも出会えます」(Sさん)「横須賀駅前にあるヴェルニー公園は、桜とバラと海が一度に見渡せる大好きな場所!」(Mさん)「長崎のハウステンボスはまさに花の絨毯。一度見る価値あり」(Iさん)
春の遠出のご参考に!

What's New新着記事

  • 50代が働く理由。それは収入のためではなく…?

    環境の変化に合わせて、しなやかに仕事をコントロールしてきたJマダムたち。アラフィーとなった今、どんな形で何のために働いている? Jマダムたちが行き着いた職業観とはいったい?

    50代のリアル

    2017年5月20日

  • 転職〇回。しなやかな生き方が50代女性の強み!

    社会人になってから約30年。ひとつの職業を続けて高みを極めるのもよし、いろいろな仕事を経験し楽しむのもよし。これまでの仕事歴をひも解くと、リアル50歳の生き方が見えてくる。

    50代のリアル

    2017年5月6日

  • ○○好きが、優雅なJマダムのあかし!

    その存在自体が日本に優雅さと上品さをあたえているのがJマダム。そんなJマダムたちが愛しているのは、やはり、花。季節ごとに庭の草花を植え替え、リビングには切り花を飾って華やかに。

    50代のリアル

    2017年4月15日

FEATURE
ランキング
FOLLOW US
編集部から届くメールマガジン
会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載
新規会員登録