Jマダムたちが愛する花。それは・・

2017年3月31日
色とりどりの花々がいっせいに咲き誇る春。Jマダムたちはどんな花を愛し、どんな風景に癒されている? お出かけスポットの口コミ情報も!
チームJマダムに好きな花を聞いたところ、47種類もの花の名前があがった。ガーベラやスズランなどの身近な花や、金木犀や椿といった日本らしい花、ミモザやプルメリアなど太陽の光が似合う花、クリスマスローズやブルースターのようなはかなげな風情を感じさせる花など実に多彩。そんな中で圧倒的な人気を誇ったのがバラ。自身でバラを育てている人も多いし、「プレゼントの花束には必ずバラをチョイス。バラはパワーをくれる花だから」(Sさん)という声もあり、バラには特別な思い入れをもった人が多いよう。
ほかには、桜、カサブランカ(ゆり)、チューリップ、ラナンキュラス、ひまわり、芍薬、カラーに人気が集まっていた。
花や自然のある風景には癒されるもの。住宅街の庭から咲きこぼれる季節の花、公園の花壇に咲く色とりどりの花、街路樹の新緑など、身近なところにも花や自然と触れ合うチャンスはたくさん。そんな植物の美しさにハッと気づき、思わずカメラを向けてしまうのはどんなスポット?
もっとも人気が高かったのは、27ポイントを獲得した「桜並木」。納得。続いて13ポイントを獲得した「バラ園」と「丘一面に咲く花」。「富士本栖湖リゾートでは見渡す限りの芝桜が圧巻。天国かと思ったほど」(Sさん)。地平線までピンク一色に染まった大地なんて、日常には出会えない風景。確かに撮影したい!
ランク外で目立ったのが、「日本庭園」や「雪をかぶった樹木」といった、心に染み入るような風景に惹かれるという声も。さすがJマダム、しっとり落ち着いた大人の女性ならではの審美眼!
花や新緑を求めてJマダムたちはいったいどこへ? とっておきのおすすめスポットはこちら。
「大阪の大川の桜並木は、花びらが川にひらひら舞い落ちて本当に美しいです。船から眺めるのがおすすめ」(Aさん)「東京の鳩山邸は、洋館を背景に古典的なバラが見られてタイムスリップした気分」(Mさん)「桜の季節は京都の原谷苑へ。広大な敷地であらゆる種類の桜が見られます」(Yさん)「鎌倉の報国寺は竹林で有名。春はタケノコにも出会えます」(Sさん)「横須賀駅前にあるヴェルニー公園は、桜とバラと海が一度に見渡せる大好きな場所!」(Mさん)「長崎のハウステンボスはまさに花の絨毯。一度見る価値あり」(Iさん)
春の遠出のご参考に!

What's New新着記事

  • 開運! Jマダムたちが暮らしの中でしていること。

    Jマダムたちには、ふだんの生活の中で特に気にかけていることがある。家族と自分の幸せな暮らしがあるのは、このおかげかも? Jマダムたちの信じているもの、それはいったい?

    Jマダム通信

    2018年7月21日

  • Jマダムが信じているもの、それは?

    年を重ねて、人生の酸いも甘いもさまざま体験してきたJマダムたちには、心のよりどころが各々にあるよう。そんなJマダムたちの風水やパワースポットに対する意識を調査!

    Jマダム通信

    2018年7月7日

  • 愛しのキッチン道具④インテリアにもなる〇〇〇がお気に入り!

    数あるキッチン道具の中でも、Yさんが特に気に入っているのが南部鉄瓶。家庭料理を愛するYさんから見た、南部鉄瓶の魅力をご紹介。

    Jマダム通信

    2018年6月26日

  • アラフィー女性のホンネ:お金のためにやっていること

    景気は上向いてきていると言われるものの、ぐるりと見回せば、食品やお菓子の容量・サイズが小さくなって実質値上げしていたりと油断ならない経済事情。チームJマダムたちはどんな「お金対策」をしている? 聞いてみれば、目からウロコ、コロンブスの卵、灯台下暗し……的なアイデアがたくさん寄せられた。あなたは何から始めてみる?

    Jマダム通信

    2018年6月23日

  • 愛しのキッチン道具③夫婦のコーヒータイムに欠かせない相棒

    夫婦でゆったりとドリップコーヒーを楽しむのが、ここ最近の習慣だというSさん。注ぎ口が細い電気ケトルを手に入れたら、ご主人はすっかり本格的なバリスタ気分に!

    Jマダム通信

    2018年6月19日

FEATURE
ランキング