ピタッと薄カラーで、大人ならではの魅力と色気<山本浩未の大人メソッドPart1> 五選

2017年4月3日
今までのアイメイクだとなぜかうまくいかない……。そう感じているエクラ世代が大多数。でも、目は大きく見せたいし、いきいきと魅力的に輝かせ たい。ならば、今こそアイメイクの見直し時。山本浩未さんがエクラ世代のせつなる願いに応えるアイメイクテクニックを伝授! まずは、アイメイクをするとかえって老ける気がすると悩むエクラ世代に、一番似合うアイカラーをお届け。

1. 大人に必要な色気をまぶたで放出。ツヤの光と影でかなう!

「アイメイクをすると老ける、似合わない、という人のほとんどは“やりすぎ”。エクラ世代はグラデーション全盛時代を経験してる世代。若い目もとにはハリも透明感もあったから、それがバランスよく映えた。でも、今のまぶたは薄くなって少しゆるみがち。同じメイクだと、トゥーマッチでバランスが悪く、老け見えしてしまうんです。でも、何もしないのも疲れて見えてダメ。まぶたは顔の中で繊細に動き、“色気”を放出するパーツ。光色のクリームタイプなどを薄くピタッとまぶたに一体化させて。ぬれたようなツヤが動いて、大人の上品な色気が生まれます。影色で目のきわを引き締めるのもお忘れなく」(山本さん)
ピタ薄まぶたを作るには、まずは左上のベースカラーでまぶたのくすみをオフ。次に左下の影色ブラウンをひと塗りしてからぼかし、ほんのり透け感発色で色っぽさを。細いラインで引き締めるため、右下の締め色ブラウンをアイライナーブラシでまつ毛のきわにのせたら、最後は右上の光色をアイホールの中央あたりに軽くのせて、まぶたを輝きでピタッとおおって完成。
光色と影色がセットに。まぶたに溶け込むようにフィットするクリームタイプ。目もとにツヤと抜けのある立体感が。アイディメンショナルクアッドパレット02 ¥6,000/THREE

What's New新着記事

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

  • 大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選

    「ナチュラルでいたいからノーファンデ!」のような、自己流美容を貫いてませんか? 大事と信じていたことが、実は意味のないことだったり、やりすぎが老け肌の原因だったり……。今のきれいに必要なメイクについて、「ツヤ」と「線」が主役で色は脇役と心得る、ヘア&メイクアップアーティスト藤原美智子さんが語ります。

    eclat五選

    2018年8月17日

  • ワクワクを楽しむ服。「富岡さん、大人のGucciに夢中です」 五選

    深まる季節に誘われるかのようにおしゃれへの思いが強まっていく、秋。年齢を重ねた今、改めて装うことの楽しみを教えてくれるGucciの新作に心ときめかせて。

    eclat五選

    2018年8月15日

FEATURE
ランキング