パートナー受けのいい週末デニムカジュアル 五選

2017年4月4日
王道カジュアルだからこそ選び方や合わせるアイテムしだいで、やぼったくもなるデニム。パートナーと出かける週末は、ちょっとしたコツで見慣れたデニムを女らしい装いに。

1. 淡いピンクが優しさを醸し出してくれる

今季人気のピンクを甘くなりすぎず、優しげな表情で着こなすなら、ノンウォッシュデニムとの組み合わせで甘さを引き算するのがちょうどいい。デニムは股上が深く、脚のラインを拾わない、ほどよい太さが今どきなシルエット。スキニーと合わせると色気が過剰になるが、このシルエットなら女らしさがさりげなく絶妙バランス。
[女性]デニム¥19,000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス® ビンテージ クロージング) トップス¥24,000/ビームス ハウス 丸の内(ロベルト コリーナ) サングラス¥44,000/ブリンク外苑前(カトラー アンド グロス) バッグ¥460,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(モローパリ) 靴¥24,000/ビームス 新丸の内(カルツァイウオーリ フィオレンティーニ)[男性]ニット¥12,800/アダム エ ロペ パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(カラー) 靴¥46,000/リーガル シュー&カンパニー ソックス/スタイリスト私物

What's New新着記事

  • 美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

    山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

    eclat五選

    2018年2月15日

  • 結論!大人スニーカーで頼れるのは「スタンスミスの白」 五選

    トレンドに左右されない定番であり、カジュアルが苦手な人でも履きこなせるスニーカーを考えたとき、行きついたのはこの1足。「スタンスミス」は伝説のテニス選手、スタン・スミスをたたえるべく、1973年に命名。今やファッション界からの注目度もNo.1、有名ブランドとのコラボも多数。クリーンな白レザーとスマートなフォルムは「カジュアルすぎず、大人の着こなしにハマる!」と評判!

    eclat五選

    2018年2月13日

  • スタイリスト村山佳世子さんが教える、大人のこなれジャケット・イン 五選

    ジャケットは着回し力も抜群とはわかっていても、何をインしてアレンジすればいいのか、その攻略法はなかなかむずかしいところ。その悩みを解決すべく エクラ屈指の人気スタイリスト・村山佳世子さんが、インに特化した5通りのスタイリングを提案。村山さんのジャケットスタイル、どれもまねしたくなる!

    eclat五選

    2018年2月11日

  • アップデートをするなら、今!最新「名品バッグ」 五選

    春の到来とともに、毎日をともに過ごすパートナーであるバッグをアップデートしたくなっていませんか。そんなJマダムにぜひ持ってほしい、「名品バッグ」の最新バージョンを徹底的にリストアップ!あなたの美意識にぴったり合う、新たなパートナーを、いち早く見つけて。

    eclat五選

    2018年2月10日

  • 品格と機能を備える、端正なビジネスウォッチ 五選

    「腕時計を見れば、その人の格がわかる」とは、もはや男性だけではなく、女性にも向けられる言葉。働くアラフィー女性ならなおのこと、これまで築いてきたキャリアにふさわしい一本を身につけたいもの。実用性と品格ある高級感を兼ね備えつつ、決して華美ではない、エグゼクティブらしい格上げ時計が一堂に集結!

    eclat五選

    2018年2月9日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング