カリスマコーディネーター御用達のおいしいハワイFOODの店 五選

2017年4月2日
カリスマコーディネーターのマキ・コニクソンさんが厳選した、王道から最新まで、大人の舌も大満足のハワイアンフードのお店をご紹介。

1.ARVO(アルヴォ)

ひとりでもつい足が向く気軽さがいい!

流行発信地・カカアコにある、オーストラリアンスタイルのヘルシーカフェ。ハイレベルなカフェが増えてきたハワイにあって、いつも話題の筆頭だ。プラントショップ『PAIKO』とスペースをシェアするお店で、そこかしこに置かれたグリーン、光がたっぷり射し込む一面のガラス壁、そしてサーフカルチャーを感じさせるインテリアは、力の抜けた今どきのリラックス感。旅の緊張感も、ゆるりとほどける。「フラッと来てコーヒーを飲むのもいいし、フードもヘルスコンシャスでおいしい。ラテアートはハワイで一番のかわいさ!」。
薄切りのトーストにたっぷりのアボカドペースト、ルッコラ、チェリートマト、フェタチーズをのせた「ローデッド アボカド トースト」$7.50。
パームツリーやスマイリーのラテアートは、オーダー時に希望を伝えて。オーストラリア式のラテ「フラットホワイト」$4はふんわり薄めのフォームミルクが特徴
675 Auahi St., Honolulu 
☎808・537・2021
7:30~15:00(土・日曜8:30~) 
無休
※掲載されている情報は2017年3月現在のものです。
※掲載されている休業日以外にも、元日、イースター、感謝祭、クリスマスなどで休業する場合があります。

What's New新着記事

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング