“あいまい色”を重ねて柔らか&優しげに【大草直子さんのフェミニンスタイル】

たっぷりと着込むうえに、マスクでメイクも隠れてしまう今年の冬は、いつもに増して“女性らしさ”を見せにくくなりそう。そんなときは、服や小物の力を借りてフェミニンなムードをプラスするのが正解! スタイリングディレクター・大草直子さんがご紹介する大人にちょうどいいフェミニンスタイル、今回のキーワードは“あいまい色”です。
スタイリスト 大草直子

スタイリスト 大草直子

“黒”のキャラクターは小休止。素肌になじむ“あいまい色”を

「着る色は自分のキャラクターにつながるもの。今は“黒”の凛とした強さでなくてもいいかな、と。気になっているのは、肌の色に素直になじんでくれる、あいまいな色。柔らかな色みを少しずつ、少しずつ重ねて。そのていねいさ、繊細さにこそ、フェミニンさが宿る気がするから」
ニットとシルクシャツの“あいまい色”コーデの大草直子さん
ニットのインにはシルクシャツを。表情の異なるあいまい色でより女らしく。
ニット¥73,000(デミリー/二子玉川店限定)・シャツ¥26,000(エキップモン)/以上サザビーリーグ デニムスカート¥27,000/サードマガジン バングル(左手 肘側)¥60,000・バングル(右手)¥37,000・リング(右手)¥50,000・リング(左手 ブラック)¥26,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) バングル(左手 手首側)¥102,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) リング(左手 オレンジ)¥126,000/マリハ(マリハ) バッグ¥49,000・靴¥72,000/アマン(ペリーコ)

What's New

Feature
Ranking
Instagram