憧れの高級ハワイリゾート『ザ・カハラ』の魅力 五選

世界中のセレブに愛され続ける名門ホテル『ザ・カハラ・ホテル&リゾート』。忙しい日々をしばらく忘れて、心と体を解放する―。そんな"何もしない贅沢" が味わえる『ザ・カハラ』の魅力を余すことなくご紹介。

3.窓からビーチへウォークイン。この部屋が、私の別荘!

憧れの高級ハワイリゾート『ザ・カハラ』の魅力 五選_3_1
(写真上下)「ビーチフロントラナイ」1階の部屋と、部屋からのビュー。窓を開けて芝生を抜ければビーチへ出ることが可能で、朝はす がすがしく、昼は海風が心地いい。室内は、ぬくもりを感じるアイボリーカラー。室料は$1,020〜1,345
憧れの高級ハワイリゾート『ザ・カハラ』の魅力 五選_3_2
 高級ホテルならではの格式の高さがある一方で、“カハラ・シック”と称される、アイボリーとコーヒーブラウンでまとめられた客室に象徴されるさりげないぬくもりが、決して人を緊張させない。笑顔に満ちたスタッフのサービスもうれしくて、気づくとまるで昔なじみの定宿のように感じてしまう。
 海を見下ろすオーシャンビューの部屋も捨てがたいけれど、ベランダからそのままビーチに出られる「ビーチフロントラナイ」の部屋が、このホテルを知りつくしたマキさんの、さらなるおすすめ。にぎやかなワイキキビーチとは表情の異なる、プライベート感たっぷりの静かなビーチをひとりじめできそうな気分になる。目を覚ましたら、ビーチフロントで朝ごはん。暑くなる前にビーチへ出て、カバナでのんびり。緑に囲まれたスパで癒されるのもいいし、風の吹き抜けるラウンジでアフタヌーンティーもいい。時にはインストラクターの手ほどきを受けながら、SUPヨガに挑戦したりして。
憧れの高級ハワイリゾート『ザ・カハラ』の魅力 五選_3_3
朝食は、1階にあるオープンエアのレストラン「プルメリアビーチハウス」で、開放感たっぷりのビューとともに。水曜日限定のカレーランチビュッフェ(11:45 ~14:00)も評判だ
憧れの高級ハワイリゾート『ザ・カハラ』の魅力 五選_3_4
「ザ・カハラ・スパ」。グアバの木でできたスティックを使う「カラコイコイロミロミ」(90分 $285)などのシグネチャーマッサージは、鎮静効果のある足湯儀式「ホオマカ」から始まる
※掲載されている情報は2017年3月現在のものです。
※掲載されている休業日以外にも、元日、イースター、感謝祭、クリスマスなどで休業する場合があります。

What's New

Feature
Ranking