○○好きが、優雅なJマダムのあかし!

2017年4月15日
その存在自体が日本に優雅さと上品さをあたえているのがJマダム。そんなJマダムたちが愛しているのは、やはり、花。季節ごとに庭の草花を植え替え、リビングには切り花を飾って華やかに。
窓からふと外を眺めると、好きな花や植物がやさしくそよ風に揺れている…。植物、ガーデニングこそJマダムの心のうるおいに欠かせないもの。季節ごとに庭の草花を植え替えているという人が100人中、28人も。ほぼ毎日、週に一度、月に一度はお手入れをしているという人も合わせると、チームJマダム100人中60人以上がガーデニングを楽しんでいることが分かった。
「庭はリビングの延長。だから、一年中グリーンが楽しめる樹木が好き」(Yさん)「春と秋の植え替えの時期になると、毎週のように園芸店に通って1万円くらい使ってしまいます」(Sさん)「バラが大好きなので、たくさん勉強して自分で庭をバラ園に作り替えました!」(Mさん)などなど。バラ園・・。ステキ・・。
一方で20人が、「ガーデニングの環境がない」と回答。マンションの規約でベランダに植木鉢を置けない、手肌が弱く土にかぶれてしまうという理由が多いようだ。わかる! かといって、決して植物に興味がないというわけではない。「ガーデニングの環境がない」と答えた人に、自宅に飾るための切り花を買う頻度や予算を聞くと、「月に数回、1回に3000~5000円」買うという人が最多に。「食卓やキッチンの小瓶に小さな花を活けています。マメにお花屋さんに行きますが毎回500円以下ですみます」(Sさん)
花好きのJマダムたちは、プレゼントに花束を贈る機会も多いようだ。プレゼントとして花束を買うのは「年に3~5回」の人が14%、「年に1~2回」は10%。「年に6回以上」という人も4%いた。
「花束には必ずバラを入れます。バラはパワーを与えてくれる花だから」(Fさん)というこだわり派もいるが、花束をオーダーするときにはまず「予算を伝える」人が41%で最多。さらに、「仕上がりの雰囲気やイメージを指定する」(30%)、「花の色を指定する」(21%)、「相手の年齢やイメージを伝える」(19%)と続く。中には、「いつもすべての花を自分で選びます」(Kさん)や、「花の色に合わせて、ラッピングやリボンの色も指定しています」(Nさん)という声も。センスが問われるわけだから、ドキドキしそうだが、余裕でこなすJマダムの多いこと・・。こんなにたっぷりと愛情の詰まった花束をいただいたら感激しそう!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング