親はいつもまでも親。でも・・・。

2017年4月15日
エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。
独り暮らしをしている親を案ずる人は多い。とはいえ、自分もまだまだ現役。「早く実家に戻って一緒に住んであげたいとは思うが、私も夫も仕事があるし、長年暮らしてきた土地をまだ離れたくない」(IF・自営業・53歳)。「夫の仕事の関係で何度も海外転勤の話が来ているが、82歳の母を独り日本に残して行くこともできない。今回も悩んだ末、海外転勤の話を断ってしまった」(MM・ヨガ講師・48歳)。親と自分の生活とどちらを優先していいのか悩み、揺れるお年頃。この悩みにはたして解決策はあるのか、これについては回を改めて考えていきたい。
親元を離れてン十年。仲が悪いわけではないけれど、親子の間にビミョウな空気が流れて始めているのも事実。「メールの返信をすぐしないと電話をかけてくる。急ぎの用事ならまだしも、そうでもないことで。疲れます」(MY・クリニック事務長・50歳)、「お嫁さんの愚痴を言う母。聞いてあげたい気もするが、嫁いでいる私も彼女と同じ立場。素直に共感できず、ケンカに」(MM・主婦・52歳)。「年を取るにつれ意固地になっていく父、80歳。事故が心配だから自動車免許を返納してと言っても『バカにするな。俺の運転は世界一だ』と言い張って話にならない」(YS・パート・53歳)。「魂に年齢があるとするなら、母は私より幼いと思う」(KK・司会・43歳)。昔は”きちんとした親”だったという思い出があるだけに、その変貌とも思える現状に、どうしたらよいか惑う世代のJマダムたちの姿があった。

What's New新着記事

  • 50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…

    男性と女性では、脳のつくりが違うのだそう。長くつきあっていると考え方が少しずつ似てくるような気もするけれど、ふとした時に、たしかに男女の間には深い深い溝があることを思い知らされる。でも、だからこそおもしろかったり、夫や恋人がかわいらしく見えたり。そんな男たちの生態について、Jマダムのみなさんに改めて聞いてみた。

    裏エクラ

    2017年10月14日

  • 50代女性のホンネ:私はこうして夫を手のひらで転がしています!?

    若い世代では、家事や育児を手伝ってくれる男子も少なくないけれど、アラフィー世代は微妙なところ。できることなら何もしたくない、亭主関白でいたい、という夫やパートナーも多い様子。そこで今回は、Jマダムたちに夫(あるいはパートナー、恋人)の操縦術を聞いてみた。

    裏エクラ

    2017年9月25日

  • 50代女性のホンネ:ホントは自慢したいこと

    50代ともなればもう若い頃にように「私は〜なの!」とわざわざ周囲に自分をアピールすることはないけれど、実は自分でも誇りに思っていること、ものがあるのでは? そこで「あえて自慢しないけれど、ホントは自慢したいこと」について聞いてみたところ……Jマダムたちがますます輝き続ける理由がわかってきた。

    裏エクラ

    2017年9月9日

  • 50代女性のホンネ:私だけの密かな楽しみとは……

    仕事や家庭、子育て&子離れ、夫との関係、親の介護、異性関係……などさまざまな問題を抱えているアラフィフ世代。それでもJマダムのみなさんが前を向いて元気に歩いていけるのは、趣味や好きなことを持っているから? みんなの”自分だけのひそかな楽しみ”を教えてもらった。

    裏エクラ

    2017年8月26日

  • 50代女性のホンネ:女性同士のおつきあい、本当はどう?

    エクラ8月号特集『50歳からの女友だち』によれば、多くの人が「親友」と呼べる人を持ち、概ね良好な”女友だち関係”をキープしている様子。「年齢が上がるほど友だちを作るのはむずかしい」と言われるが、50歳以降に友だちができたJマダムは7割という結果となった。とはいえ、仲のいい友だちとだけつきあっていられないのが人生というもの。いったんこじれると厄介な女性同士のつきあい、Jマダムはどう乗り切っている?

    裏エクラ

    2017年7月8日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング