親はいつもまでも親。でも・・・。

エクラ世代にとって、今いちばんの気がかりは「親のこと」のよう。考えてみれば、年齢的にもいつ何が起きても不思議はない。たとえば介護となったら、自分の生活はどうなるの……? 多く寄せられた声から、今回は”実の親”に焦点を当ててみた。
親はいつもまでも親。でも・・・。_1_1
独り暮らしをしている親を案ずる人は多い。とはいえ、自分もまだまだ現役。「早く実家に戻って一緒に住んであげたいとは思うが、私も夫も仕事があるし、長年暮らしてきた土地をまだ離れたくない」(IF・自営業・53歳)。「夫の仕事の関係で何度も海外転勤の話が来ているが、82歳の母を独り日本に残して行くこともできない。今回も悩んだ末、海外転勤の話を断ってしまった」(MM・ヨガ講師・48歳)。親と自分の生活とどちらを優先していいのか悩み、揺れるお年頃。この悩みにはたして解決策はあるのか、これについては回を改めて考えていきたい。
親はいつもまでも親。でも・・・。_1_2
親はいつもまでも親。でも・・・。_1_3
親元を離れてン十年。仲が悪いわけではないけれど、親子の間にビミョウな空気が流れて始めているのも事実。「メールの返信をすぐしないと電話をかけてくる。急ぎの用事ならまだしも、そうでもないことで。疲れます」(MY・クリニック事務長・50歳)、「お嫁さんの愚痴を言う母。聞いてあげたい気もするが、嫁いでいる私も彼女と同じ立場。素直に共感できず、ケンカに」(MM・主婦・52歳)。「年を取るにつれ意固地になっていく父、80歳。事故が心配だから自動車免許を返納してと言っても『バカにするな。俺の運転は世界一だ』と言い張って話にならない」(YS・パート・53歳)。「魂に年齢があるとするなら、母は私より幼いと思う」(KK・司会・43歳)。昔は”きちんとした親”だったという思い出があるだけに、その変貌とも思える現状に、どうしたらよいか惑う世代のJマダムたちの姿があった。
親はいつもまでも親。でも・・・。_1_4
親はいつもまでも親。でも・・・。_1_5
親はいつもまでも親。でも・・・。_1_6

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:あまり他人に知られたくないクセ

    昔から「なくて七癖、あって四十八癖」というように、あなたにも何かクセ、それも他人に知られると恥ずかしかったり、困ったりするものがあるのでは? 打ち明けてみれば案外、それがチャームポイントになっていたりして。チームJマダムのみなさんに、”ナイショにしておきたいクセ”を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月8日

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

FEATURE
ランキング