にごり湯の会

今回は那須エリアの希少価値の自然源泉をご紹介!硫黄の匂いに立ちこめる湯川沿いにたたずむ湯本のシンボル鹿の湯へでリフレッシュしに行ってきました。
GWがスタートしましたね。


"温泉ソムリエ"を取得する程、温泉LOVEな私。
 

なかなか旅行に行けない日々ですが、今回は日帰りで県内の『鹿の湯』へ!
にごり湯の会_1_1
1300年以上前に山狩りで傷を負った鹿が温泉で傷を癒したことから、この名前がついたそうです。
にごり湯の会_1_2
古風な建物や、木造りの湯船でこのロケーションはなかなか風情があります。
にごり湯の会_1_3
41℃〜46℃迄の湯船が5つあり、年代を感じさせる板張りの床と白濁の湯。
酸性の硫黄泉、湯の花がひらひらと舞っている‥‥。
じんじんと血の巡りが良くなり、汗と共に心身が浄化されるようです。

泉質→単純酸性硫黄泉(硫化水素型)57.2℃
にごり湯の会_1_4
入浴前に柄杓で頭からお湯をかけ、かぶり湯をするのが伝統入浴法だそうですが、自分のペース湯温の違う温泉に入って楽しんでみるのが良いかと思います!
(※石鹸は一切使えませんが、入浴前にはかけ湯をしてから入りましょう)

それにしても、五臓六腑に染み渡る!
  こりゃあたまらんねぇ〜
ここは地獄か極楽か?!
   奥が深いぞ、日本の温泉!!

入浴料→平日400円 土・日・祝日500円
akko.y

akko.y

栃木県在住の柔道整復師(骨折・脱臼・捻挫・打撲等のケガの治療を行う事の出来る国家資格)として邁進中。サウナ道、時折秘湯巡りしながら美味しい物を探し求める食いしん坊。ソロライフ謳歌中☆

Instagram:akko_mountainfield

What's New

Feature
Ranking