わたし的・ドラマチックな「白ブラウス」

エクラ6月号の特集記事のひとつ、ドラマチックな「白ブラウス」。に、合わせて私の白ブラウスを2点、ご紹介します。今回も新旧アイテムです。
ゴールデンウィーク前の某日、ショップのHPで見た白いアシンメトリースカートを求めてグレースコンチネンタルに立ち寄りました。
ですが、あいにく白の在庫がお店になかったんですね。
ただ、グレースコンチネンタルに行くといつもそうなんですけど(←私には高いからそんなに頻繁には立ち寄りませんが)素敵なお洋服で溢れかえっていて、どうしても目移りしてしまうのです。

この日も最初の目的を忘れて、気づけば色々なスカートを試着してしまいました。
そんな中、ふと目に留まったこのブラウス。
グレースコンチネンタルの白いブラウス。襟元、袖口のフリル、ボウタイ、水玉模様の織り生地、全てが甘~いデザインです。
これはもう、ガーリーの権化と言いましょうか。テロンとした透け感のある素材、襟元・袖口のフリル、ボウタイ、水玉模様の入った身頃、いろいろな意味でかなり危険な香りがします。
そして私はあえてその危険を冒しに試着室に入りました。

ところがこれが着てみると、意外とやりすぎ感がないのです。
正直、このフリルの袖が一番手強いと思っていたのですけれど、
腕のラインに沿って自然に落ちるデザインが悪くないなぁと。
悪くないどころかその可愛さに興奮し、お店の鏡の前で
「ヤバい、これヤバい」と連呼するアラフィー・ヒタスラマダム(私がヤバいよまったく)。

結局、何だかんだスカートは当初のお目当てのものを取り寄せてもらうことにして、
一足先にこちらのブラウスを購入することに。

そしてゴールデンウィーク明け、スカートも到着し、
更に、ワンピースなどにも合わせられるベルトも一緒に購入して
今回オールグレースコンチネンタルでコーディネイトしてみました。
ブラウス、ベルト、スカートは全てグレースコンチネンタル。かなり甘いコーディネイトです。
バッグはベルトのメッシュデザインに合わせてちょっと昔のクレドラン。
サンダルはこれも長年愛用しているTATAMIです。

実際の外出では、多分デニムを合わせるなどして甘さを抑えるとは思いますが。
ベルトのバッグスタイルはメッシュです。
メッシュ&メッシュ
そしても一つのブラウスがこれまたボウタイ付きなのですが……
H&Mのボウタイ付きノースリーブブラウス。ハンサムな印象です。
あ、後れ毛が……
テイストが全く違います。
こちらは数年前にH&Mで購入したもので、これを一枚着るだけでハンサムな印象になるところが、まさに『着映え』という感じでとてもお気に入り。上のボタンを二つほど外して、ボウタイを一つ結びで垂らして着崩すと、より雰囲気が出ます。
今回は昨年購入したio comme ioの半端丈パンツと合わせましたが、勿論、スカートにも合います!

とはいえ外出する際このノースリーブのまんまというのはなかな勇気がいるもので、
この上にグリーンのユニクロカーデを羽織るのが私の定番コーデでした。
が、昨年残念ながらカーデの生地がダメになってしまい、その後良き相棒に巡り合えておりません。
あの綺麗な色と半袖丈が良かったんだけどなぁ。
今回二つの写真を見比べてみて思ったのですが、
どちらかと言うと私には後者のコーデの方がしっくりくる感じではありました。
それは恐らく、顔立ちの問題ではないかと。

でも私の趣味は両極端なところがあり、
気分に合わせてフェミニンにしてみたり、クールにしてみたり、
あるいはその中間となる『甘辛』でバランスを取ってみたりと、
そんな変身願望を白ブラウスはまさにドラマチックに叶えてくれるアイテムです(よし、うまくまとまった)。
そして今回は正しく言えたぞ、ア シンメトリー。いつかの投稿でアシメントリーって書いちゃった恥ずかしい私だぞ。
最近やっとアボカドのことをアボガドって言い間違えなくなったし、人間いくつになっても成長できるんですね。
ヒタスラマダム

ヒタスラマダム

九州在住の主婦。夫、息子の3人家族です。趣味は手織り、そして数ヶ月前から始めたベリーダンス!年齢を重ねてますます好奇心に溢れ、何ならとっ散らかり気味な私の日常を楽しくお伝えしたいです。

What's New

  • 今年のラッキーカラーブルーをオンオフで 着回す♪

    eclat誌面でもハッと目につくブルーファッション。今年のラッキーカラーと聞いたら絶対着てみたい!私も真似してオンオフコーディネートしてみました。

    ファッション

    kaorun

    2021年6月21日

  • ワインに合うおつまみ Part3 〜元気になれるサラダ〜

    エクラ7月号の特集でおもてなしにも使える「主役級サラダ」から作ってみました。

    料理

    ErikoT

    2021年6月21日

  • 鎌倉散歩 〜 注目の『大人の新店』へ。

    京都の老舗の名店にいらした大将が5月31日にオープンされたばかりの古民家を改造した日本料理のお店へ。安国倫寺近くの山を背にした緑豊かな立地。満開の紫陽花が迎えてくれるアプローチ。心地よい小鳥の鳴き声。京都の職人が作った土壁とムクのシンプルな内装。静寂な空間で、口福な大人時間を楽しんできました。

    グルメ

    non_no

    2021年6月20日

  • 聴く「女友だち」vol.2

    女子を応援してくれる歌の宝庫、竹内まりや

    暮らし

    yako

    2021年6月19日

  • 聴く「女友だち」vol.1

    女性シンガーの「友情」を歌った曲が好き。 ユーミンの「ビュッフェにて」も名曲ですが…

    暮らし

    yako

    2021年6月19日

Feature
Ranking