ふっわふわの羊毛フェルト小物づくりを教えてます

2017年5月2日
「好き!」が高じて羊毛フェルト作家の道を歩み始めた、チームJマダムのYさん。プロとしての活動のかたわら、近所の小学校で子どもたちの体験教室ボランティアも。子どもたちの笑顔が何よりのご褒美!
体験教室で子どもたちに教えた、羊毛フェルトのスイーツたち。
洋裁上手な祖母を見て育ち、子どもの頃から布小物を縫うのが大好きだったというYさん。もちろん、小学生時代のクラブ活動は手芸部。それが今や、小学生に羊毛フェルトを教える立場に。

「近所の公立小学校で、放課後や土日の空き教室を利用した子供たちの体験教室が開かれるんです。料理や科学、スポーツや工芸などさまざまなジャンルがあり、私は羊毛フェルト講座と、夏休みの工作講座などを担当しています」

まったくのボランティアで、報酬はなし。それでもYさんをはじめ、たくさんのその道のプロたちが喜んで子どもたちに向き合っている。

「子どもたちは本当に純粋で、心から楽しんでくれている様子を見るのがうれしくて。個性を存分に発揮した作品ばかりで、うーんそうきたか!と、思わず勉強させられることも(笑) ふわふわした羊毛は心を落ち着ける効果もあるようで、ヤンチャで落ち着きのない男の子が羊毛を触るとすーっと静かに集中したりすることもあるんですよ」

今では体験プラン全体を企画・統括する仕事も引き受け、子どもたちのために活動している。

「子どもたちのためでもあり、自分が楽しんで刺激を受けるためでもあるかも(笑) お互いに高め合いながら人の役にも立つ仕事は、本当にやりがいがあります」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング