ふっわふわの羊毛フェルト小物づくりを教えてます

「好き!」が高じて羊毛フェルト作家の道を歩み始めた、チームJマダムのYさん。プロとしての活動のかたわら、近所の小学校で子どもたちの体験教室ボランティアも。子どもたちの笑顔が何よりのご褒美!
ふっわふわの羊毛フェルト小物づくりを教えてます_1_1
体験教室で子どもたちに教えた、羊毛フェルトのスイーツたち。
洋裁上手な祖母を見て育ち、子どもの頃から布小物を縫うのが大好きだったというYさん。もちろん、小学生時代のクラブ活動は手芸部。それが今や、小学生に羊毛フェルトを教える立場に。

「近所の公立小学校で、放課後や土日の空き教室を利用した子供たちの体験教室が開かれるんです。料理や科学、スポーツや工芸などさまざまなジャンルがあり、私は羊毛フェルト講座と、夏休みの工作講座などを担当しています」

まったくのボランティアで、報酬はなし。それでもYさんをはじめ、たくさんのその道のプロたちが喜んで子どもたちに向き合っている。

「子どもたちは本当に純粋で、心から楽しんでくれている様子を見るのがうれしくて。個性を存分に発揮した作品ばかりで、うーんそうきたか!と、思わず勉強させられることも(笑) ふわふわした羊毛は心を落ち着ける効果もあるようで、ヤンチャで落ち着きのない男の子が羊毛を触るとすーっと静かに集中したりすることもあるんですよ」

今では体験プラン全体を企画・統括する仕事も引き受け、子どもたちのために活動している。

「子どもたちのためでもあり、自分が楽しんで刺激を受けるためでもあるかも(笑) お互いに高め合いながら人の役にも立つ仕事は、本当にやりがいがあります」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

FEATURE
ランキング