Jマダムの花物語:一面の花に癒されて

2017年4月25日
かつてミス目黒に選ばれ、数々の女性誌の読者モデルとして活躍しているチームJマダムのWさん。手作りの絹玉アクセサリーを販売し、子どもたちの塾を開いたりと、多方面で華やかに活躍しているが、子どもの頃は引っ越しでつらい思いも。ところが新しくできた公園の花が、Wさんの心をすくい上げた。
Wさんは子どもの頃に引っ越しを経験。転校生でなかなか学校になじめず、中学校の裏は殺伐とした米軍倉庫跡地。それが永久に続くような気がして、その土地がずっと嫌いだったそう。
ところが大学生になった頃、その米軍跡地が「くりはま花の国」に生まれ変わった。

「秋でした。母に連れられて朝一番に行ってみたら、そこは一面のコスモス畑。声も出ないほど驚きました。あの土地が、こんなに美しいお花畑に生まれ変わっただなんて。人の力や可能性をまざまざと感じさせられ、ようやく、ああここが私の地元なんだと納得できたのです」

それ以来、子どもたちが幼い頃から何度も足を運んでいる。

「春は一面のポピー畑になって、それは愛らしい風景です。ここでポピーを見てソフトクリームを食べ、小高い位置にある公園まで歩いてたっぷり遊ぶのが、我が家の定番。また、久里浜港からフェリーに乗って対岸の千葉・金谷まで往復すると、花と海の両方が楽しめます。これも家族で何度も経験済み。今では胸を張って、私のふるさとと言える土地になりました」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

  • 開運! Jマダムたちが暮らしの中でしていること。

    Jマダムたちには、ふだんの生活の中で特に気にかけていることがある。家族と自分の幸せな暮らしがあるのは、このおかげかも? Jマダムたちの信じているもの、それはいったい?

    Jマダム通信

    2018年7月21日

  • Jマダムが信じているもの、それは?

    年を重ねて、人生の酸いも甘いもさまざま体験してきたJマダムたちには、心のよりどころが各々にあるよう。そんなJマダムたちの風水やパワースポットに対する意識を調査!

    Jマダム通信

    2018年7月7日

  • 愛しのキッチン道具④インテリアにもなる〇〇〇がお気に入り!

    数あるキッチン道具の中でも、Yさんが特に気に入っているのが南部鉄瓶。家庭料理を愛するYさんから見た、南部鉄瓶の魅力をご紹介。

    Jマダム通信

    2018年6月26日

  • アラフィー女性のホンネ:お金のためにやっていること

    景気は上向いてきていると言われるものの、ぐるりと見回せば、食品やお菓子の容量・サイズが小さくなって実質値上げしていたりと油断ならない経済事情。チームJマダムたちはどんな「お金対策」をしている? 聞いてみれば、目からウロコ、コロンブスの卵、灯台下暗し……的なアイデアがたくさん寄せられた。あなたは何から始めてみる?

    Jマダム通信

    2018年6月23日

FEATURE
ランキング