大人のメイク「上品さと色気の正解バランス」を人気ヘアメイクが解説【2割フェミニン増しアイメイク】

いつもと同じアイメイクにマンネリを感じているけど、がらっと変えるのは勇気がいる。そんな人に提案したいのが、清潔感の奥にほのかな色気を感じる、いつもより少しだけ女らしさを意識したまなざし。印象があかぬけるだけでなく、目もとの悩みをカバーしてくれる効果もあるので試す価値あり。上品さと色気の正解バランスを、人気ヘア&メイク・KUBOKIさんが教えてくれた。

ほんのり温度を感じる血色で、瞳を柔らかく縁取って

モデル/怜花
トップス¥35,200/レキップ イヤリング¥20,900/ココシュニック ロングネックレス¥77,000・パールネックレス¥83,600・リング¥198,000/チェリーブラウン
教えてくれたのは
ヘア&メイクアップ アーティスト KUBOKIさん

ヘア&メイクアップ アーティスト KUBOKIさん

その人のチャームポイントを引き出す、的確なテクニックと分析力に定評あり。多くの雑誌をはじめ、名だたる女優やモデルから指名が絶えない人気アーティスト。

2割増しのほどよい挑戦なら失敗せずにイメチェンできる

エクラ世代は、自分に似合うものや好きなものをよく知っている半面、それにとらわれて新しい冒険をしなくなり、なんとなく“いつもの私”で満足してしまう場合も。「コスメは色、質感、輝き、すべてが日々進化中。だから、自分はこうと決めすぎてしまうのはもったいない。メイクは心を映し出す鏡でもあるからこそ、幅をもたせていろいろ楽しんでほしいんです」とKUBOKIさん。特にエクラ世代におすすめなのが、2割フェミニン増しをキーワードに掲げたアイメイク。

「例えば、赤みブラウンシャドウやツヤ感を主役にすれば、大人の目もと悩みやコンプレックスを自然とやわらげながら、ムードのあるまなざしへポジティブに変換できるんです。ここで大事なのはフェミニンの割合。アイラインをがっつり入れたり、色を効かせすぎてしまうのはトゥーマッチ。ほんのり漂わせてひそかにまとう、くらいの2割増しを目安にしてみると、目もとのみならず全体の雰囲気も高まり、いつもと違う自分に出会えるはずです」

“ひとさじの血色とツヤがあれば、センシュアルな雰囲気が自然と輝く”
ーーーKUBOKI

“2割フェミニン増し”アイメイクの怜花

What's New

Feature
Ranking
Instagram