私のチャレンジ。

思い切って洋裁教室の門をたたきました。こんなにワクワク、集中、楽しいのは久しぶりです。
こんにちは。
秋分の日も過ぎ、過ごしやすい日が続いていらっしゃいますね。

今年の夏は青森旅以外にも
行ってみたいなとずっと思っていて、行けていなかった場所に行きました。
それが、洋裁教室です。
一人で見学に行き、一目で気に入り、わからないけどやってみたい!と家族にも相談せず、即決!(笑)
まずはスカート作ってみましょうとのことで、次回の持ち物は布・裁縫セット。
布はいろいろ考えて、2種類用意してみました。
私のチャレンジ。_1_1
純粋にきれいだなと思って、水色・ピンク等入ったプリント生地、そしてザ・無難なブルーグレーの布を持参。
緊張しながら初日を向かた私。
先生から「まずは放射線状に〇センチの半円を描いて」と竹定規と紙と鉛筆。
ウエストは何センチで、こう計算して・・・と平面から立体に仕上げるにあたり、細かな計算があることにもあたふた。。 でも、こういうことが今の自分にはものすごく新鮮で、楽しかったのです。
  • 忘れないように後日メモ

  • 私のチャレンジ。_1_2-2

型紙づくりにも一苦労。
こうなると、これまでお世話になってきていた既製品がものすごく気になってきます。
縫い代の処理だったり、ポケットだったり。。どんな計算でどう作られているのか?
端切れは?等。。
これは後から学んだことを忘れたくなくて書いたまとめメモです。


出来上がった作品がこちら

教室に通うこと2回、最後は家で仕上げました。出来上がったときのうれしさ、達成感、半端ないです。
白のブラウス合わせでに着用するにはちょっと季節が進んでしまいましたが、それでも本人としては満足です。
ミモレ丈 洋裁 習い事 
ミモレ丈スカートができました。
  • 私のチャレンジ。_1_4-1

    ロックミシンも初めて使用しました。面白い!

  • 私のチャレンジ。_1_4-2

    ファスナー、ベルト、ホックもせっせと取り付け。

オンラインでのセミナーを聞きながら別の仕事をする…なんてこともある昨今、
教室にて、一つのことにじっくりと向き合うというのが私にとっては、なんだか久しぶりでした。
水分補給も忘れて、ひたすら布にミシンに向かいました。
今までどこかに引っ込めていた?集中力&根気を自分の中から掘り出した感覚です。
まさに「夢中は無敵」という感じでしょうか。

「今からほぼゼロスタートですが大丈夫でしょうか?」洋裁教室の門をたたき、スカートを縫ってみて、初めて知ったこと、感動したことは山ほど。
また、別の機会にブログでご紹介できたらと思っています。 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以上、ちゃろえでした。



ちゃろえ

ちゃろえ

栃木県出身、関西出身の夫と一人息子の3人暮らし。昔から旅行と図書館が大好きです。日々の暮らしの事、読んでみて&行ってみて感動したことをつづっていきたいと思っています。

What's New

Feature
Ranking
Instagram